KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

倫理/政策 2023年8月の記事

  1. How face recognition rules in the US got stuck in political gridlock
    「禁止」と「無規制」の対立で暗礁に乗り上げた顔認識規制
    米国で顔認識テクノロジーの使用禁止を求める動きが、暗礁に乗り上げている。完全禁止派と無規制派の意見が対立し、規制に向けた動きが止まってしまっている。 by Tate Ryan-Mosley2023.8.28
  2. 集団の力でシリコンバレーに変化を持ち込む、新しい学びの場
    あらゆる課題をボタンを押すだけで解決しようとするテック業界の風潮に異を唱えて、テック業界で働くことの意味を再定義しようとする取り組みが始まっている。「コレクティブ・アクション・スクール」はその1つだ。 by Patrick Sisson2023.8.22
  3. 米国で一時高まった「顔認識規制」の動き、その後を追う
    全米で一時広がりを見せていた「顔認識」テクノロジー禁止の動きはここ数年で鈍化している。部分的な規制に落ち着いたマサチューセッツ州の法案は、米国における規制の基準となるかもしれない。by Tate Ryan-Mosley2023.8.21
  4. 中国テック事情:厳しい未成年のスマホ規制、世界に広がるか
    中国政府が、未成年者のビデオゲームやインターネット利用に対する規制を強化する方針を発表した。利用可能な時間やコンテンツを細かく定め、メーカーなどに「未成年モード」の導入を求める厳しい内容だ。by Zeyi Yang2023.8.20
  5. 編集履歴も全部残す、生成AI時代にC2PAは「当たり前」になるか?
    テック企業大手やメディア企業大手の支援を得て開発された「C2PA」は、画像や動画に出所や編集履歴を示すラベルを付与するプロトコルだ。生成AIの急速な普及に伴い、注目度が高まっている。 by Tate Ryan-Mosley2023.8.16
  6. How to hack a smart fridge
    エアコン、テレビ、冷蔵庫——スマート家電は何を知っているか?
    冷蔵庫やエアコンなどの家電製品が、インターネット接続機能を持ち始めて久しい。今や、私たちの自宅にあるどの機器がインターネットにつながっているのか完全に把握することは難しくなっている。IoT機器はどれほどの情報を握っていて、どこにデータを送っているのだろうか。 by Tate Ryan-Mosley2023.8.14
  7. What’s next for China’s digital currency?
    いち早くデジタル通貨(CBDC)の実験を始めた中国が、デジタル人民元(e-CNY)の普及に苦戦している。公務員の給与支払い、学生証との統合などさまざまなアイデアが試されたが、ここに来て目標を国外へと変更した可能性がある。 by Mike Orcutt2023.8.8
  8. The future of TikTok bans
    実効性のないティックトック禁止法、その目的は?
    米国モンタナ州で今年5月、ティックトックを禁止する法律が成立した。しかし、現実的に考えると特定のインターネット・サービスを狙って禁じることは難しい。 by Tate Ryan-Mosley2023.8.4
  9. Cryptography may offer a solution to the massive AI-labeling problem 
    AI生成画像の識別、MSやアドビが推す「C2PA」は決定打になるか?
    生成AIの驚異的な能力向上により、AIが生成したコンテンツの識別が難しくなっている。AIで検出する試みもあるが、今のところ精度は不十分だ。そこで、出所を示す情報をコンテンツに付加する技術が注目されている。 by Tate Ryan-Mosley2023.8.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る