KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!

生物工学/医療 2023年12月の記事

  1. Gene editing had a banner year in 2023
    初のCRISPR療法が承認、2023年の遺伝子編集シーンを振り返る
    2023年は、CRISPR遺伝子編集技術を利用した鎌状赤血球症の治療法が米国と英国で承認された。2023年の遺伝子編集療法に関する記事を振り返りながら、この療法に残された課題を考える。 by Cassandra Willyard2023.12.29
  2. 振動するダイエット錠剤、脳を騙して満腹感 ブタで効果実証
    胃の伸張受容体を刺激することで脳をだまして満腹感を感じさせるカプセルの服用が、減量に役立つという研究が発表された。ただし、ブタによる実験結果である。by Cassandra Willyard2023.12.26
  3. 世界初となる、遺伝子編集技術CRISPRを利用した鎌状赤血球症の治療法を発売したばかりのバーテックス・ファーマシューティカルズは、もう別の治療法の開発に取り組んでいる。 by Antonio Regalado2023.12.25
  4. 開発進む新型コロナ「針なし」ワクチン、現状と課題は?
    針を使わず、鼻や口から吸入する新型コロナ・ワクチンの開発が進んでいる。感染が始まる気道の免疫反応を誘発することで、高い効果を発揮すると期待されているワクチンだ。 by Cassandra Willyard2023.12.21
  5. 治療新時代を拓く医療用マイクロロボットはいつ実現するか?
    体内の細い血管などを動き回り、身体の内部から病気を治療する医療用マイクロロボットは何年も前から期待されているが、まだ実用化されていない。「もうすぐ」との見方を示す専門家に動向を聞いた。 by Cassandra Willyard2023.12.20
  6. The lucky break behind the first CRISPR treatment
    CRISPR技術を利用した世界初の治療法が英国と米国で相次いで承認された。対象となった鎌状赤血球症の治療は長い苦難の歴史をたどったが、思わぬ幸運もあった。 by Antonio Regalado2023.12.19
  7. Video: MITTR Emerging Technology Nite #26
    「若返り研究の現在 」アーカイブ配信(慶應大学・早野元詞特任講師)
    なぜ今、若返り研究に注目が集まっているのか。また、近い将来、人類は若返りを手にできるのか。MITテクノロジーレビューが10月24日に開催したイベントのアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 by MIT Technology Review Event Producer2023.12.18
  8. China wants to win the gene therapy race—and it’ll spend millions
    中国テック事情:遺伝子治療競争、中国が難聴治療で欧米に先行
    上海の復旦大学の研究者らは、先天性難聴の子どもの遺伝子治療に成功したとの成果を10月下旬に発表した。中国は欧米諸国相手に遺伝子治療の分野で一つ勝ち星をあげたことになる。 by Zeyi Yang2023.12.10
  9. I received the new gene-editing drug for sickle cell disease. It changed my life.
    「人生を変えた」CRISPR療法、鎌状赤血球症患者が語ったこと
    まもなく米国で認可されると見られる鎌状赤血球症の遺伝子療法の治験に参加した患者が、自らの経験と考えを語った。 by Jimi Olaghere2023.12.8
  10. The pain is real. The painkillers are virtual reality.
    もう注射は怖くない? 現実の痛みを和らげるVRデバイス
    VR(実質現実)を使って鎮痛効果を得ようとする研究が進んでいる。血液採取や点滴の痛みを軽減する子ども向けデバイス「スマイリースコープ(Smileyscope)」は、臨床試験でその効果が証明された。 by Cassandra Willyard2023.12.8
  11. The first CRISPR cure might kickstart the next big patent battle
    バーテックス・ファーマシューティカルズは、CRISPRの技術を応用して、鎌状赤血球症の遺伝子編集療法を開発し、2023年中にもFDAの承認を得る見込みだ。しかし、CRISPR技術の特許権をめぐる法廷闘争が、新薬の普及を妨げるかもしれない。 by Antonio Regalado2023.12.7
  12. The Biggest Questions: Is it possible to really understand someone else's mind?
    他人が心の中で何を考え、何を感じているのか、外部から読み取ることはどこまで可能なのだろうか? 科学者たちは、現代的な人工知能を歴史的な手法とを組み合わせることで、この難問に取り組んでいる。 by Grace Huckins2023.12.7
  13. The X Prize is taking aim at aging with a new $101 million award
    10年若返らせたら賞金1億ドル、Xプライズ財団が新コンペ
    月面探査コンテストなどで知られるXプライズ財団が、高齢者の認知、免疫、筋肉を少なくとも10年分若返らせる治療介入に対して、総額1億ドル超を提供するコンペを発表した。多くの研究者が興味を示しており、老化分野の研究を加速する可能性がある。 by Cassandra Willyard2023.12.5
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る