KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

人工知能(AI) 2024年3月の記事

  1. How three filmmakers created Sora’s latest jaw-dropping videos
    生成AI「Sora」で作られた驚きの動画、制作者に聞く舞台裏
    オープンAI(OpenAI)は、同社が2月中旬に公開した新たな動画生成モデル「Sora(ソラ)」を用いて映像クリエイターが制作した映像をいくつか公開した。3人のクリエイターに、映像制作の狙いや制作手法について聞いた。 by Will Douglas Heaven2024.3.29
  2. 大規模言語モデルが破竹の勢いで成功を収めているにもかかわらず、こうしたモデルがうまく機能する仕組みや理由は、いまだによくわかっていない。コンピューター科学者たちは、その謎を解明することで次世代のAI技術の開発とリスク管理に生かしたい考えだ。 by Will Douglas Heaven2024.3.29
  3. 「おいしいビール」どう作る? AIが導く味わいの新境地
    もうすぐビールのおいしい季節がやってくる。250種類のベルギービールを分析した機械学習モデルは、消費者の評価を予測し、さらにおいしくするための改良案を提案できるという。 by Rhiannon Williams2024.3.28
  4. 「クリエイター搾取しない」 業界の異端児、アドビの生成AI戦略
    生成AIモデルを訓練するためにWeb上のコンテンツをスクレイピングすることにクリエイターが反発している。アドビの異なるアプローチは、クリエイターの権利を守ると同時に、誤情報の生成を防ぐものだ。 by Melissa Heikkilä2024.3.28
  5. 明らかになったMeta Questの脆弱性、VRの安全をどう守るか
    実質現実(VR)システムは、その没入感と人々の不慣れによって、悪意ある攻撃に対して極めて脆弱になり得る。VRシステムがより普及する前に、防御を強化する必要がある。 by Melissa Heikkilä2024.3.27
  6. LLMs become more covertly racist with human intervention
    LLMに「隠れ人種差別」、アライメントによる是正に限界
    大規模言語モデル(LLM)には人種的なバイアスが含まれている。テック企業はバイアスを是正するために手作業でフィードバック訓練を実施しているが、効果は限定的であり、モデルが大規模になるにつれてバイアスは悪化することがわかった。 by James O'Donnell2024.3.27
  7. The AI Act is done. Here’s what will (and won’t) change
    ついに成立した欧州「AI法」で変わる4つのポイント
    AIの開発・運用に関する包括的な規則を定めた欧州「AI法」が3月13日に欧州議会で可決され、5月に施行される予定だ。このAI法によって、これまでと何が変わって、何が変わらないのか、ポイントをまとめてお伝えする。 by Melissa Heikkilä2024.3.25
  8. Apple researchers explore dropping “Siri” phrase & listening with AI instead
    大規模言語モデルで「ヘイ、シリ」不要に、アップルが研究論文
    アップルの研究チームは、「ヘイ、シリ」というトリガーフレーズを使わなくても、ユーザーがiPhoneに話しかけていることをAIモデルで検知できるかどうか調査し、有望な結果が得られたとする研究論文を発表した。 by James O'Donnell2024.3.25
  9. Google DeepMind’s new AI assistant helps elite soccer coaches get even better
    サッカー戦術にも生成AIアシスタント、グーグル・ディープマインド
    グーグル・ディープマインド(Google DeepMind)が開発した新しいAIアシスタントは、サッカーの試合におけるコーナーキックの結果を予測し、現実的で正確な戦術を提案する。 by Rhiannon Williams2024.3.21
  10. How AI taught Cassie the two-legged robot to run and jump
    AIが教えるロボット新技能 二足歩行で走る、跳ぶ「キャシー」
    二足歩行の「キャシー(Cassie)」は、強化学習によって走行や跳躍などの動作を習得したロボットだ。強化学習は、ロボットがこれまでに挑戦したことのない新しいタスクに取り組むのに役立つ。 by Rhiannon Williams2024.3.19
  11. This self-driving startup is using generative AI to predict traffic
    生成AIで5秒後の道路状況を予測、自動運転スタートアップ
    自動運転スタートアップのワービ(Waabi)は、生成AI技術を使った自動運転向けモーション予測システムを発表した。特定の状況下で周囲の車両がどのように動くかを予測し、5〜10秒先のライダー表現を生成する。 by James O'Donnell2024.3.18
  12. An AI that can play Goat Simulator is a step towards more useful AI
    ディープマインド、未知のゲームもプレイできるAIエージェント
    グーグル・ディープマインドの新しいAIエージェントは、人間のプレイヤーを観察することで、これまで見たことのないさまざまなゲームをプレイできる。 by Melissa Heikkilä2024.3.15
  13. An OpenAI spinoff has built an AI model that helps robots learn tasks like humans
    オープンAIのスピンオフ、人間のように学ぶマルチモーダル・ロボ
    オープンAIの元研究者らが設立したコバリアント(Covariant)は、ロボットが人間のようにタスクを学習できる新しいAIモデル「RFM-1」を開発した。「人間のような」推論能力を持ち、テキストや画像を使った指示が可能だという。 by James O'Donnell2024.3.14
  14. Bans on deepfakes take us only so far—here’s what we really need
    禁止では不十分なディープフェイク対策、本当に必要なこととは?
    ディープフェイクについて、誰もが見て見ぬふりをしている重大な事実がある。全面的な禁止は技術的に不可能かもしれないことだ。私たちが本当に必要としているものは何だろうか。 by Melissa Heikkilä2024.3.8
  15. I used generative AI to turn my story into a comic—and you can too
    プロンプト不要、生成AIで誰でも物語からマンガが作れる
    テキスト-画像生成AIは物語性のある複数の画像を生成するのが苦手だ。複数の画像で、設定に一貫性を持たせるのが難しいからだ。だが最近、物語を一度入力すると、それに合った一連の画像を生成するサービスが登場した。 by Will Douglas Heaven2024.3.7
  16. Why Big Tech's watermarking plans are some welcome good news
    巨大テック企業がディープフェイク対策で歩調、生成AI検出へ
    グーグル、マイクロソフト、アドビ、メタなどの巨大テック企業は、AIが生成した画像に「透かし」を入れる方向で動き出した。課題は残るが、ディープフェイク対策の前進は歓迎したい。 by Melissa Heikkilä2024.3.4
  17. Google DeepMind’s new generative model makes Super Mario-like games from scratch
    手描きスケッチからマリオ風ゲームを生成、ディープマインド新モデル
    大量のゲーム動画で訓練されたグーグル・ディープマインドのAIモデル「Genie」は、短いテキストやスケッチ、写真からビデオゲームを生成できる。 by Will Douglas Heaven2024.3.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る