KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

生物工学/医療 2024年4月の記事

  1. A new kind of gene-edited pig kidney was just transplanted into a person
    ブタの腎臓を人間に移植、1カ所の遺伝子改変で拒絶反応を抑制
    ニューヨーク大学の研究チームは、人間にブタの腎臓を移植する外科手術に成功した。今回の移植は米国内で2例目であり、拒絶反応を抑えるために、遺伝子を1カ所編集したブタの臓器を使った。 by Cassandra Willyard2024.4.30
  2. 家庭で育てる遺伝子組換え植物「光るペチュニア」を買ってみた
    家庭で育てる遺伝子組換え植物、「ホタル・ペチュニア」の売れ行きが米国で好調だという。購入者がどのように感じているのか、評判を探ってみた。 by Antonio Regalado2024.4.30
  3. ニューラリンクだけじゃない、脳インターフェイス技術の注目企業
    脳コンピューター・インターフェイスの分野では、イーロン・マスク率いるニューラリンク(Neuralink)が話題になることが多い。だが、他の有望企業もそれぞれ独自のアプローチで開発を進めている。 by Cassandra Willyard2024.4.22
  4. 難治性がん治療で期待も、超高額なCAR-T療法を安くする方法
    米国食品医薬品局(FDA)は難治性がんの治療法として期待されているCAR-T療法を2次治療として承認し、最初の再発後に使えるようにした。課題は超高額な費用。CAR-T療法の費用を抑える方法はないのだろうか。 by Cassandra Willyard2024.4.17
  5. デング熱撲滅へ、ブラジルで「細菌に感染した蚊」を放出中
    ブラジルでデング熱の患者が急増している中、細菌により同病気の感染力を低下させた蚊を人工的に繁殖させて放出する試みが進んでおり、一部の地域で功を奏しつつある。 by Cassandra Willyard2024.4.15
  6. Brain-cell transplants are the newest experimental epilepsy treatment
    てんかんの治療法を根本から変えるか? 脳細胞移植の可能性
    胚性幹細胞(ES細胞)を使った研究は誇大広告ばかりで、医療への応用はまだ確立していない。ノイロナ・セラピューティクスのてんかん治療は、幹細胞テクノロジーのブレークスルーになるかもしれない。 by Antonio Regalado2024.4.12
  7. New bird flu infections: Here’s what you need to know
    鳥インフルのヒト感染、いま知っておくべきこと
    米国テキサス州において、牛と酪農従事者への鳥インフルエンザ感染事例が新たに報告された。鳥インフルエンザのヒトへの感染について過度に恐れる必要はないが、より良い戦略を設ける必要性を浮き彫りにしている。 by Cassandra Willyard2024.4.9
  8. The many uses of mini-organs
    創薬からバイオコンピューターまで、オルガノイドの驚くべき利用法
    ヒトの臓器の特徴をある程度備えた3次元構造の細胞塊であるオルガノイドには、さまざまな利用法が期待されている。すばらしいものから、不安を抱かせるものまで、これまでに提案されたいくつかの用途を紹介しよう。 by Cassandra Willyard2024.4.8
  9. How scientists traced a mysterious covid case back to six toilets
    新型コロナ変異株、下水を遡ってたどり着いた6つのトイレ
    ある研究チームが下水をたどって、非常に奇妙な新型コロナウイルス変異株の発生源にたどりついた。下水監視が1人の感染者探しに変わると、難しい倫理的な問題が浮き彫りになる。 by Cassandra Willyard2024.4.5
  10. Organoids made from amniotic fluid will tell us how fetuses develop
    羊水からオルガノイド作製に成功、胎児発達の謎解明へ
    英国の研究チームが、羊水に含まれている胎児の生細胞から肺や腎臓のオルガノイドを作製することに成功した。胎児の発達過程の研究や、特定の疾患の早期発見につながる可能性がある。 by Cassandra Willyard2024.4.4
  11. The quest to legitimize longevity medicine
    長寿クリニックは、主に富裕層を対象にさまざまな高額なサービスを提供しており、なかには怪しげなものもある。最近では、長寿医学の治療行為を正当な医学分野として確立し、ゆくゆくは大衆化させようとする動きが出てきた。 by Jessica Hamzelou2024.4.3
  12. There is a new most expensive drug in the world. Price tag: $4.25 million
    世界一高い新薬が登場、425万ドルの価値はあるか
    新しい遺伝子療法が世界で最も高価な薬として登場した。価格は425万ドル。異染性白質ジストロフィー(MLD)という希少疾患を対象としており、その高額な価格設定が、治療の経済的持続可能性に疑問を投げかけている。 by Antonio Regalado2024.4.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る