1. 生命の再定義
    ハーバード大学の遺伝学者であるジョージ・チャーチ教授が共同創業したイージェネシスはいま、移植用ヒト臓器の深刻な不足を解決するために、遺伝子を改変したブタの臓器を使った実験をしている。現在、サルで試験をしている段階だが、ブタの臓器を人間で試す前に克服しなければならない重要な問題が依然としていくつかある。 Karen Weintraub29日前
  2. 生命の再定義
    体内から老化した有毒な細胞を除去する効果があるとされるセノリティクス薬を人間に投与する初の試験が、14人の肺疾患患者を対象に実施された。試験では重大な副作用は確認されておらず、今後、より大規模な治験へと移行するための足掛かりが得られたとしている。 Karen Weintraub4カ月前
  3. 生命の再定義
    自分がいつ死ぬのか?という、究極の問いに対する答えを得るための研究が進んでいる。カリフォルニア大学のホバース教授は、個人のエピジェネティックスの変化を調べることで、老化の進む速度が標準よりも速いか遅いかが分かり、寿命を予測できることを明らかにした。すでに一部の保険会社はリスクアセスメントへの活用を検討し始めており、「死の予測」は現実になりつつある。 Karen Weintraub9カ月前
  4. 生命の再定義
    マウスの脳から老化細胞を除去したり、老化細胞の蓄積を予防したりしたすることで、脳の退化を防げたとの研究結果がネイチャーに掲載された。まだ人間の脳に対して試せる段階ではないが、膝の関節炎などの疾患に対象を絞った初期実験が進行中だ。 Karen Weintraub10カ月前
  5. 生命の再定義
    Xプライズ創設者も出資、ハーバード発「若返り企業」は本物か?
    ハーバード大学の研究者らが、数年前のマウスでの実験結果に基づいて、若返り術を研究する企業を設立した。「若返り因子」としているタンパク質の効果には科学的な疑問が残っているものの、すでに550万ドルの資金を調達している。 Karen Weintraub10カ月前
  6. 生命の再定義
    脊髄性筋萎縮症のゼロ歳児が
    RNA治療薬で
    「奇跡」級の復活
    異常がある本人の遺伝子では作られないタンパク質を作れるようにするRNA医薬品で、脊髄性筋萎縮症の子どもが順調に成長している。ただし、一生薬の投与を受け続ける必要があり、注射代は年間75万ドルだ。 Karen Weintraub2年前
  7. 生命の再定義
    臓器提供は時代遅れに?
    ブタから人間への移植構想が
    3800万ドル調達
    ヒトへの移植用にCRISPRでブタの免疫系を人間化し、さらにゲノムに潜むウイルスのDNAを除去することで、移植用のブタを繁殖させる計画がある。実用化できれば、移植用臓器をブタから収穫でき、ヒトの寿命を何年も延ばせる医療につながる。 Karen Weintraub2年前
  8. 生命の再定義
    多くのノーベル賞受賞者がサプリメーカー「エリシウム」の広告キャンペーンに自身の顔写真や信用を提供している。 Karen Weintraub3年前
  9. 生命の再定義
    迷走中のオバサイエンス、不妊治療の画期的製品を縮小
    バイオテクノロジーのパイオニア企業が、体外受精の卵子若返り計画を縮小した。 Karen Weintraub3年前
  10. 生命の再定義
    大胆不敵なスタートアップ企業は、40歳前後の女性が子どもを持てる可能性がもっと高まるという。どうしても子どもが欲しい夫婦はこの話を信じるだろうか。 Karen Weintraub3年前