KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
アンドリュー・ローゼンブラム 10 Stories
プロフィールを見る
  1. 生命の再定義
    遺伝子編集技術を用いて、雄の性別を決定付ける遺伝子をX染色体に挿入することで、雄の子牛しか生まれないようにした雄牛を作り出す研究が進んでいる。雄の子牛は速く成長し、餌を効率的に筋肉に変えられるので、牛肉の生産効率を高められるという考えだ。 Andrew Rosenblum4年前
  2. 生命の再定義
    茶色くならない
    遺伝子組み換えリンゴは
    消費者にウケるか?
    米国企業が、遺伝子操作で茶色く変色しないようにしたリンゴを今秋から店頭で販売する。商品パッケージに遺伝子組み換え食品の表示がないので消費者団体などの反発が予想されるが、開発者は変色しないリンゴはリンゴの売上を伸ばし廃棄を減らす可能性があるとしている。 Andrew Rosenblum5年前
  3. 生命の再定義
    ダルメシアンの
    遺伝子を修正し、
    遺伝病を治すのは悪なのか?
    FDAは、遺伝子編集手法「クリスパー」で変異させた動物を規制する意向だ。クリスパーでダルメシアンの遺伝子を修正しようとしたブリーダーは、FDAの厳しい規制に悩んでいる。 Andrew Rosenblum6年前
  4. コネクティビティ
    米空軍は低消費電力の
    脳型コンピューターに
    なぜ関心があるのか?
    シリコン製「ニューロン」を実装された半導体は、人工衛星や航空機、ドローンをスマート兵器に変える。 Andrew Rosenblum6年前
  5. 持続可能エネルギー
    感謝祭特価3万4000ドルの人造七面鳥
    2030年までに、私たちがむしゃむしゃ食べる七面鳥肉はバイオリアクターで培養されたものになるかもしれない。 Andrew Rosenblum6年前
  6. 知性を宿す機械
    自律自動車の倫理問題
    米国は規制強める方針
    誰を殺し、誰を生かすかを自律自動車がどう判断するかの連邦規則が作られることになる。 Andrew Rosenblum6年前
  7. 知性を宿す機械
    完全自律自動車は実現しない
    米政府当局トップが語る
    完全自律型自動車は当面実現しない。規制当局トップだからこそ語れる、自動運転と安全の話。 Andrew Rosenblum6年前
  8. 知性を宿す機械
    人工知能は掃除が苦手
    お掃除ロボはルンバ止まり?
    ハウスクリーニングロボが開発中。でも実現はかなり先になりそうだ。 Andrew Rosenblum6年前
  9. 生命の再定義
    人工膵臓が100万ドル調達
    出資者は糖尿病患者
    糖尿病患者用の人工すい臓製造スタートアップのベータ・バイオニクスは、研究者と糖尿病患者から資金を調達し、100万ドルを集めた。 Andrew Rosenblum6年前
  10. 知性を宿す機械
    DNAに200MBのデータを保存
    マイクロソフトが成功
    マイクロソフトはDNAによるデータ保存は、企業が重要データを記録するのに使っている磁気テープより、長期保存に向いていると発表した。 Andrew Rosenblum6年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る