KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!
気候テック最前線
気候テック最前線9 Stories

脱炭素イノベーションに挑む 気候テック・スタートアップ10+

  1. How green steel made with electricity could clean up a dirty industry
    溶融酸化物電気分解と呼ばれる方法で二酸化炭素を排出しない鉄の生産に取り組んでいるのが、新興企業ボストン・メタルだ。同社の新型パイロット・プラントは、排出量削減が進まない鉄鋼産業を変える第一歩となるのだろうか。 Casey Crownhart2年前
  2. This startup wants to pack more energy into electric vehicle batteries
    エネルギー密度2倍へ、EV用全固体電池ベンチャーがパイロット生産
    米国のスタートアップ企業「ソリッド・パワー」は、全固体電池のパイロット生産ラインを立ち上げた。実現すれば、エネルギー密度を倍近くまで高めることができ、電気自動車の航続距離を大幅に伸ばせる可能性があるという。 Casey Crownhart2年前
  3. How Charm Industrial hopes to use crops to cut steel emissions
    バイオ燃料で製鉄業界の排出量を削減、障壁は?
    チャーム・インダストリアルは、バイオ燃料油から得た合成ガスを使うことで、製鉄業界の二酸化炭素排出量を大幅に削減できると考えている。しかし、それを実現させるには越えなければならない大きな壁がいくつかある。 James Temple2年前
  4. These plastic batteries could help store renewable energy on the grid
    MIT発のプラスチック電池ベンチャーが製品投入、送電網向けに照準
    MIT教授らが創業した蓄電池スタートアップ企業「ポリジュール(PolyJoule)」が第一弾の製品を発表した。比較的安価に製造でき、安全性に優れているといい、送電網用蓄電池としての普及を目指す。Casey Crownhart2年前
  5. What it will take to unleash the potential of geothermal power
    米国のインフラ法案により資金提供を受けた4基の新しい実証プラントは、「忘れられた再生可能エネルギー」と揶揄されている地熱による発電の普及を後押しする可能性がある。Casey Crownhart3年前
  6. A French company is using enzymes to recycle one of the most common single-use plastics
    ペットボトルを酵素でリサイクル、仏スタートアップが実証施設
    フランスのスタートアップ企業が、ペットボトルの材料であるPETを酵素でリサイクルする実証用プラントを開設した。同社のリサイクル処理によって、石油からPETを製造する場合と比較して温室効果ガス排出量を約30%減少できると見積もっている。Casey Crownhart3年前
  7. Solar panels are a pain to recycle. These companies are trying to fix that.
    太陽光パネルは、発電している間は二酸化炭素排出量削減に貢献するが、製造時や輸送時、そして廃棄時は二酸化炭素を排出する。貴重な材料を回収し、太陽光パネルのリサイクルをより収益の上がるものに変えようとするスタートアップ企業の動きがある。 Casey Crownhart3年前
  8. Can the most exciting new solar material live up to its hype?
    シリコン太陽電池より安価で高効率な太陽電池を作れると期待されているペロブスカイトは、不安定であることが実用化の課題となっている。しかし最近になり、その課題を解決したとする企業がいくつか現れている。 Casey Crownhart3年前
  9. A startup using minerals to draw down CO2 has scored funding – and its first buyer
    エアルーム・カーボン・テクノロジーズは、大気中の二酸化炭素除去に鉱物を応用する技術を開発している。現在のところ、この技術を利用するには高いコストがかかるが、最終的には1トンあたり50ドルで二酸化炭素を除去できるという。目標は、2035年までに年間10億トンの二酸化炭素を除去することだ。 James Temple3年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る