KADOKAWA Technology Review
×
【8/15締切】来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!

Remote everything リモートシフト

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、世界はリモート化を余儀なくされた。リモート環境に適切に移行することは、医療や教育の分野ではとりわけ重要となる。この2つの分野で遠隔サービスをうまく活用している国々がある。 オ …

by MIT Technology Review Editors 2021.04.23

SIERRA & LENNY

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、世界はリモート化を余儀なくされた。リモート環境に適切に移行することは、医療や教育の分野ではとりわけ重要となる。この2つの分野で遠隔サービスをうまく活用している国々がある。

オンライン個別指導企業「スナップアスク(Snapask)」はアジア9カ国で350万人以上のユーザーを抱え、インドの学習アプリ企業「バイジューズ(Byju’s)」はユーザー数が約7000万人に急増している。残念なことに、他の多くの国では学生たちが、オンライン授業にまだ手間取っている

一方で、ウガンダなどアフリカ諸国では、パンデミックの間、遠隔医療を用いて数百万人に医療が提供された。慢性的に医師が不足しているこういった地域では、遠隔医療が命綱だ。サンディー・オングが、 アジアのオンライン学習の目覚ましい成功と、アフリカ遠隔医療の普及について報告している。

フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る