1. 生命の再定義
    生物のDNAを組み替えて、繁殖時に特定の遺伝子を拡散させる「遺伝子ドライブ」を巡って、マラリア蚊撲滅を目指すビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団などから資金提供を受けている研究者たちと、環境保護団体との間で対立が高まっている。環境保護団体は国連の場でフィールドテストを世界的に禁止するように求めていく考えだ。 Antonio Regalado2年前
  2. 持続可能エネルギー
    ゲイツ・ファンドが投資する
    「地熱」ベンチャーの中身
    ビル・ゲイツのクリーン・エネルギー・ファンドは、送電網向け蓄電、バイオ燃料、核融合発電などに加えて地熱発電にも初めて投資を決めた。より効率のよいクリーン・エネルギー技術の開発が期待される一方、飲み水や地震への影響も懸念される分野でイノベーションを起こせるか。 James Temple2年前
  3. 持続可能エネルギー
    ビル・ゲイツ、10億ドル投資でクリーン・エネルギー実現
    ビル・ゲイツのファンドは、気候変動に影響を及ぼさない電気や食料、運輸などを実現するスタートアップを育成しようとしている。 Jamie Condliffe4年前
  4. 生命の再定義
    ゲイツが蚊の根絶に出資
    反対の環境保護団体も
    特定の種を根絶させる「遺伝子ドライブ」を巡って、環境保護運動が引き裂かれている。 Antonio Regalado4年前