KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
Bill Gates’s $1 Billion Fund Will Back Radical Clean Energy Ideas

ビル・ゲイツ、10億ドル投資でクリーン・エネルギー実現

ビル・ゲイツのファンドは、気候変動に影響を及ぼさない電気や食料、運輸などを実現するスタートアップを育成しようとしている。 by Jamie Condliffe2016.12.13

ビル・ゲイツは画期的なクリーン・エネルギーの支援に10億ドルを投資すると発表した。

2015年、ビル・ゲイツが アマゾンのジェフ・ベゾスCEO、アリババのジャック・マーCEO、バージンのリチャード・ブランソン等20人以上の億万長者とブレークスルー・エネルギー連合 (Breakthrough Energy Coalition) を設立した当時は、新しいテクノロジーに20億ドルの投資を約束していた。

ブレークスルー・エネルギー・ベンチャーズファンドは、その第一弾の投資で、エネルギーに関するさまざまなアイデアに長期的に資金を提供するため設立された。通常のベンチャー・キャピタルにはリスクが大きすぎるスタートアップを支援する予定だ。ファンド立ち上げの声明で、億万長者投資家のひとり、ジョン・アーノルド(若くして引退したヘッジ・ファンド業界の大物)は「クリーン・エネルギー のテクノロジーに資金を提供するベンチャーファンドがないため、この産業は死の谷に陥る恐れがあります。新しく生まれたばかりのアイデアには、商用化にたどり着くまでの必要な資金がないのです」と述べた

新ファンドは、このギャップに踏み込み、橋渡しする。今後20年に渡って投資する予定で、発電以外にも、運輸や農業、製造、建設向けの新テクノロジーも対象だ。将来の地球の気候に多大な貢献を約束するプロジェクトに対して、その応用のもとになる科学的裏付けが研究で証明され、スケールアップが可能であれば、資金を供給する計画だ。

ファンド期間の20年には根拠がある。ビル・ゲイツは2016年初めにMIT Technology Reviewのインタビューに答えて、二酸化炭素の排出量規制について「温暖化を2度で済ませたいなら、世界中の豊かな国は2050年までに排出量を実質0にしなければならないのです」 と述べた。そうなる前に、地球に大きな影響を与えるだけの大胆不敵な計画に対して資金を提供できることをゲイツと共同出資者は望んでいる。

簡単はない。同じインタビューでゲイツは、ファンドが直面する最大の問題は、投資に値する正しい仕事をする十分な数の企業を探し出すことだ、と認めた。「高額の小切手を書けば問題が解決するのが好都合ですが、今後が楽しみです。私たちが組成したファンドは、どのくらいすぐに投資できるでしょうか」。ビル、MITテクノロジーレビューも同じ意見だ。

(関連記事:Breakthrough Energy Ventures, Telegraph, “Q&A: Bill Gates”)

人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
  4. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
  4. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る