1. 世界が原子力利用から遠ざかろうとしている中、原子力をもっとも推進していた中国がそのコストと安全性の問題に直面している。表向きは原発推進の立場を維持しているものの、原発大手さえも再生可能エネルギーへのシフトを始めている。原子力のテクノロジーは、中国が見放すことで終焉を迎えるかもしれない。 Peter Fairley6年前

  2. 再生可能エネをぶち壊しにする、トランプ大統領のトンデモな命令
    トランプ大統領が米国エネルギー省に対し、石炭火力発電所の電力をもっと使わせるように命令した。この政策の真の狙いは、自身が肩入れする石炭産業の下支え以外の何物でもなく、電力生産コストを増大させ、再生可能エネルギーの成長を阻害するものだ。 James Temple6年前

  3. 石炭と自然エネ、矛盾するインドのエネルギー政策を読み解く
    インドは石炭の利用促進と再生可能エネルギーへの移行を同時に進めているように見える。いったい何が起きているのか? Michael Reilly7年前

  4. 【トランプ政権の100日】救われない炭鉱労働者
    トランプ大統領は、米国の石炭産業の衰退をオバマ政権が定めた余計な規制のせいだと選挙戦で訴えた。しかし、コロンビア大学の研究チームによれば、大半の理由は低価格で供給される天然ガスだとわかった。 Jamie Condliffe7年前

  5. トランプ政権、ホワイトハウス公式サイトから気候変動対策を削除
    ドナルド・トランプ大統領の就任直後、ホワイトハウスのWebサイトから気候変動とクリーン・エネルギーのページが削除された。 James Temple7年前

  6. トランプ政権は、炭鉱労働者の希望と地球の未来を粉砕する
    天然ガスが低価格で大量にある限り、次期大統領の規制改革で石炭産業が復活することはない。 James Temple8年前

  7. 炭鉱労働者は
    太陽光産業に転職できるか?
    米国の石炭産業は衰退する一方でだが、炭鉱労働者が太陽光発電の関連業界で働けるよう再訓練することで、雇用を移動させられるとする研究が発表された。 Michael Reilly8年前