1. 知性を宿す機械
    筆致から贋作を見破るAI鑑定士、8割の確率で作家も特定
    米国とオランダの研究者が、線画の筆致を学習することで偽造を見抜くことができる人工知能(AI)システムを開発した。深層再帰型ニューラルネットワークと機械学習アルゴリズムを使うことで、8割の確率で線画の作者を正しく特定できた。 Jackie Snow2年前
  2. コネクティビティ
    機械学習によるアートや音楽の制作を研究するグーグルのオープンソース研究プロジェクト「マジェンタ」のリーダーに、プロジェクトの現状を聞いた。まだ準備段階だが、コンピューターに冗談を言わせる研究も始めているという。 Rachel Metz2年前
  3. コネクティビティ
    ベスト・イラスト2016:クリエイティブ・ディレクターが選んだテクノロジーを物語る29作品
    地球温暖化で内戦が増えることを表現する溶ける兵士や、街にあふれるユニコーン企業など、編集部が頼りにするイラストレータが描いた出来たてのテクノロジーを振り返る。 Jordan Awan3年前
  4. 知性を宿す機械
    作曲家に悲報?グーグルの作曲AIが創造性を手に入れた
    グーグルの作曲プログラムは、統計的学習と明確な規則を組み合わせて成長する。同じ手法を使えば、コンピューターの専門家は、他の人工知能(AI)プログラムの創造性も改善できるはずだ。 Will Knight3年前