KADOKAWA Technology Review
×
筆致から贋作を見破るAI鑑定士、8割の確率で作家も特定
知性を宿す機械 This AI Can Spot Art Forgeries by Looking at One Brushstroke

筆致から贋作を見破るAI鑑定士、8割の確率で作家も特定

米国とオランダの研究者が、線画の筆致を学習することで偽造を見抜くことができる人工知能(AI)システムを開発した。深層再帰型ニューラルネットワークと機械学習アルゴリズムを使うことで、8割の確率で線画の作者を正しく特定できた。 by Jackie Snow2017.11.24

芸術作品の偽造を見抜くのは、難しく、費用がかかる作業だ。美術史家は、赤外線分光法、放射年代測定、ガスクロマトグラフィー、あるいはこれらを組み合わせた検査をしてもらうために、疑わしい作品を研究室に持ち込むかもしれない。人工知能(AI)を使えば、そうした検査はどれも必要ないことが判明した。つまり、AIは作品の創作に使われた筆致(ストローク)を見るだけで、贋作を見抜けるのだ。

そのシステムは、ニュージャージー州のラトガース大学とオランダの「絵画の修復と研究のためのアトリエ(Atelier for Restoration & Research of Paintings)」の研究者たちが開発した。新たに発表された論文によると、開発したシステムは、ピカソ、マティス、モディリアーニなどの有名な芸術家による約300の線画を8万の個々のストローク(筆致)に分解して、筆致の中のどの特徴が芸術家の特定に重要なのかを深層再帰型ニューラル・ネットワーク(RNN)が学習する。

研究者たちはま …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る