1. 知性を宿す機械
    AIで刑事司法を効率化、「再犯予測システム」は何が問題か?
    刑務所の収監者数が世界一多い米国では、裁判を効率的かつ安全にするため、再犯率を人工知能(AI)で予測するリスク評価ツールを使用している。だが、過去の犯罪データを用いて訓練されたツールによる評価は、さらなるバイアスを生み出す悪循環につながる可能性がある。 Karen Hao9カ月前
  2. 生命の再定義
    カリフォルニアの連続殺人犯の逮捕に、捜査当局が商用の家系図作成サービスを利用していたことが分かり、物議を醸している。捜査員は犯行現場から採取したDNAのデータをアップロードして、犯人の親戚の一人を見つけ出した後、該当者を絞り込んで犯人を特定した。 Antonio Regalado18カ月前
  3. 知性を宿す機械
    「人間はアルゴリズムを信頼しすぎ」グーグルの研究者らが警鐘
    人工知能がさまざまな判断に関与するになり、アルゴリズムが持つ「偏見」の問題が無視できなくなっている。にも関わらず、企業も政府もいまだ問題の解決に関心を持っていない。 Will Knight2年前
  4. 知性を宿す機械
    どの被告人を保釈すべきか
    機械学習で裁判官に助言
    どの被告人を保釈すべきか、機械学習の試験運用で裁判官の判断を高精度に補助できることがわかった。有色人種への偏見が減り、拘留の必要のない被告人を保釈できれば、米国で多額の税金が使われている収監費用も削減できる。 Tom Simonite3年前