1. コネクティビティ
    ビットコインとは
    何だったのか?
    サトシ・ナカモトと名乗る人物がビットコインの論文を2008年に発表して10年近く経った。ビットコインは現在、おそらく開発者たちが想定していた以上のブームになっている。ビットコインが一般に知られるようになった2011年のMITテクノロジーレビューの記事で、基礎的な仕組みと当時の見解を振り返ってみよう。 Tom Simonite3年前
  2. コネクティビティ
    消えゆく現金、
    暗号通貨に置き換わるか
    中央銀行は暗号通貨のメリットに注目している。古い金融システムを置き換える準備を進めているからだ。一方で、デジタルチェーンの利用は中央銀行の存在感を脅かすことになる。その矛盾を解決する手段はあるのだろうか。 Mike Orcutt3年前
  3. ビジネス・インパクト
    日本では仮想株式のバリュー(VALU)が話題だが、ICO(新規仮想通貨公開)による資金調達は世界的なブームだ。米国では詐欺の危険性が指摘され、中国ではついに当局によってICOが禁止された。だが、さまざまな問題点を抱えても、ICOは次のイノベーションにつながる可能性を秘めている。 Mike Orcutt3年前
  4. 知性を宿す機械
    中国人民銀行は、汚職の撲滅や幅広く人民元を流通させるためにも、独自の電子通貨を開発して導入する準備を進めている。電子通貨を導入する初の国家となるのだろうか。 Will Knight3年前
  5. ビジネス・インパクト
    巨大銀行はなぜブロックチェーンを研究しているのか?
    巨大銀行や大企業は、デジタル通貨のためにブロックチェーンを研究しているわけではない。巨額の投資をせずに構築できる、信頼できる分散データベースの可能性に目を付けているのだ。 MIT Technology Review Japan4年前
  6. ビジネス・インパクト
    40年前に指摘された「電子マネーの危険な側面」を読み返す
    創刊118年目のMIT Technology Reviewは、テクノロジーに関する最新の動向を見続けてきた。40年前に書かれた電子マネーに関する記事は、未来を見てきたかのような書きっぷりだ。 MIT Technology Review Japan4年前
  7. コネクティビティ
    ビットコイン高値更新でも影響力はウズベキスタン通貨並み
    暗号通貨ビットコインが過去3年間での最高値更新。これで喜んでいるのは素人だ。 Jamie Condliffe4年前
  8. ビジネス・インパクト
    インド政府、電子決済促進に最大10%割引きの補助金支給
    オンライン取引のユーザー向けの割引きに政府が補助金を出すことで、インド政府は強引に、紙の紙幣から電子決済への移行を促そうとしている。 Michael Reilly4年前
  9. コネクティビティ
    イングランド銀行が作らせたビットコイン風のデジタル通貨
    イングランド銀行は、ブロックチェーンを使っていても中央集権的に制御できるビットコイン風の通貨を研究者に開発させた。中央サーバーは不要だが、金融機関を締め出すわけでもなく、既存の金融秩序に組み込みやすくできている。 Tom Simonite5年前