1. 生命の再定義
    ブロックチェーンで遺伝子データを売買、ハーバード大教授の狙い
    ハーバード大学の著名な遺伝学者が遺伝子解析企業を創業した。遺伝子データをブロックチェーンを通じて製薬会社や研究機関に共有し、データ所有者が暗号通貨を得られるサービスを提供するという。 Emily Mullin3年前
  2. 生命の再定義
    唾液から193の遺伝性疾患がわかる、新生児向けDNA検査
    貧血、てんかん、代謝性疾患などの193の遺伝性疾患の有無を、綿棒で採取した唾液から調べられる新生児向けDNA検査が登場した。検査でわかる症状はすべて治療法が存在するものだが、検査結果によっては親が難しい立場に立たされる可能性もある。 Emily Mullin3年前
  3. 生命の再定義
    抗生物質が効かない耐性菌の感染症に対して、その耐性菌に合ったファージを注射することで治療する手法が現実味を増している。DNAシーケンシングとAIによって適切なファージの選択がはるかに容易になったことから、実用化へ向けてスタートアップ企業が研究を進めている。 Emily Mullin3年前
  4. 生命の再定義
    小児脳がんの56%に遺伝子変異発見で、標的抗がん剤に希望
    小児がん患者の半数以上にある遺伝子欠陥が見つかったことで、診断方法が変わり、医薬品の標的にできるかもしれない。 Emily Mullin4年前
  5. 生命の再定義
    血液でがん検査のリキッド・バイオプシーが10億ドル増資計画
    血液検査でがんを発見しようとしているグレイルが、実験的手法のための大規模な資金提供を呼び掛けた。 Michael Reilly4年前
  6. 生命の再定義
    がん治療の最前線では、腫瘍の遺伝子変異を発見し、その変異を標的とする医薬品を使う。しかし全員に効果が出るわけではなく、その理由を探ることが研究者の課題だ。 Stephen S. Hall4年前