1. 知性を宿す機械
    中国で音声アシスタントが
    大ブレイクする可能性
    日本はどうなる?
    日本が出遅れている音声アシスタントの分野で中国が急速に米国を追い上げている。アリババやバイドゥから続々と製品が登場し始めた。しかし、英語などに比べて中国語は複雑であり、自然な会話を実現するには課題も多い。 Yiting Sun2年前
  2. コネクティビティ
    孤独な80代の毎日は楽しい
    ——そう、アレクサならね。
    アマゾンのアレクサのような音声アシスタントが、孤独な高齢者を救うかもしれない。米国サンディエゴにある高齢者専用住宅地では、80代の高齢者たちがアレクサを使った生活を実験中だ。 Elizabeth Woyke2年前
  3. コネクティビティ
    Siriの会話力、強化学習で大幅改善へ
    強化学習版のSiriが開発されていることがわかった。アレクサに対抗するために、既存ユーザーとSiriとの会話は、強力なリソースになる。 Will Knight3年前
  4. コネクティビティ
    「アレクサ、アマゾンは
    グーグルに勝てる?」
    「はい、余裕です」
    アレクサに毎日頼み事をする何百万ものユーザーのおかげで、アマゾンは家庭向け音声アシスタント市場でグーグルよりもずっと有利なポジションにある。 Tom Simonite3年前