1. 知性を宿す機械
    この数十年、研究開発の分野において、一定の成果を挙げるために必要とされる研究者の数やコストは増加する一方だ。急速な進歩を遂げている人工知能(AI)の真価は、人間だけでは不可能な発見を可能にし、イノベーションのプロセスを変えることにある。 David Rotman16カ月前
  2. 知性を宿す機械
    顔認識テクノロジーが社会に急速に浸透している一方で、性別や人種によって認識精度が大きく異なるという同技術の持つ問題点が指摘されている。顔認識に関する偏りを是正するための研究が進んでいるが、公平かつ正確なシステムを作り出すには時間がかかりそうだ。 Karen Hao2年前
  3. 生命の再定義
    現在のAIは確かに大きな成果を挙げているが、人間の知能とはまだ大きな隔たりがある。AIの限界を突破するために、脳内のニューロンや神経線維で起こっていることをマッピングする1億ドルの巨大プロジェクトが米国で進行している。 M. Mitchell Waldrop3年前
  4. コネクティビティ
    指紋か顔か?
    新型アイフォーンで始まる
    生体認証のメガトレンド
    iPhone Xで採用された3D顔認証は、スマホに搭載される認証技術を一気に置き換える可能性がある。 Rachel Metz3年前
  5. コネクティビティ
    アイフォーン誕生から10年
    ワンモアシングでも
    発表されなかったこと
    おなじみの「One more thing」のフレーズとともに発表された新型アイフォーン「アイフォーンX(iPhone X)」には、顔認識やワイヤレス充電など、これまでのアップル製品にはないテクノロジーが搭載されている。だが、10年を迎えたアイフォーンの発表としては物足りない。 Rachel Metz3年前
  6. 知性を宿す機械
    中国では顔認識の利用が進んでいる。もっとも成功している顔認識プラットフォームFace++は Webインフラとの統合によって、あらゆる業界を変えようとしている。 Yiting Sun3年前
  7. コネクティビティ
    東京便にも導入された
    顔認識ゲートの本当の狙い
    ヒューストンから東京へ向かう便に顔認識システムが導入された。航空会社は搭乗時間短縮のためと説明するが、プライバシーの専門家はよく考えるべきだと指摘する。 Mike Orcutt3年前
  8. コネクティビティ
    2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    顔で決済
    中国では顔検出システムが決済や施設への入場を許可し、犯罪者の逮捕にまで使われている。他の国も続くだろうか? Will Knight3年前