1. 知性を宿す機械
    グーグルのゲノム解析AIツールで遺伝子治療は変わるか?
    ハーバード大学やグーグルの研究者たちで構成するチームが、人工知能(AI)の深層学習の手法を使って、ゲノムをより正確に解析できるツールを昨年12月に開発した。こうしたツールを利用して疾患の遺伝的原因の究明が進めば、個人のゲノム情報に基づいてより的確な治療を施せるようになる可能性がある。 Will Knight3年前
  2. 生命の再定義
    ブロックチェーンで遺伝子データを売買、ハーバード大教授の狙い
    ハーバード大学の著名な遺伝学者が遺伝子解析企業を創業した。遺伝子データをブロックチェーンを通じて製薬会社や研究機関に共有し、データ所有者が暗号通貨を得られるサービスを提供するという。 Emily Mullin3年前
  3. ビジネス・インパクト
    MITテクノロジーレビューが注目するDNA分析の最先端企業5選
    一般消費者向け、医療向け遺伝子事業の最先端企業を、MITテクノロジーレビューが選出したスマート・カンパニー50から抜粋して紹介しよう。 Emily Mullin4年前
  4. 生命の再定義
    カジュアル化する遺伝子検査
    どこまで規制されるべきか?
    日本でも広告をよく見かけるようになった直販型の遺伝子検査を巡って、米国で議論が起きている。9月にはフットボールの試合会場で無料のDNA鑑定をばら撒こうとした企業に、メリーランド州から待ったがかかった。規制当局の判断が揺れるなか、線引きが難しくなっている。 Emily Mullin4年前
  5. ビジネス・インパクト
    再利用可能ロケット、免疫工学、テスラのオートパイロットなど、昨年選んだ新しいアイデアは、どこまで世界を変えただろうか? Tom Simonite4年前
  6. 生命の再定義
    マーク・ザッカーバーグが生物学の基礎研究に10年で私財30億ドル出資
    フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが、豊富な自己資金で人間の細胞アトラスの作成を支援する。 Antonio Regalado5年前
  7. 生命の再定義
    収集された圧倒的大多数の遺伝データはヨーロッパ系だ。この状況を変えようとする研究者がいる。 Emily Mullin5年前
  8. ビジネス・インパクト
    勝つのは誰か?
    適確医療イノベーション
    ヒトゲノムの塩基配列が決定して13年がたち、目覚ましい成果をあげる治療法が開発されだした。 Nanette Byrnes5年前