1. ビジネス・インパクト
    ビットコインは「マネロンの温床」の汚名を返上できるか
    中国の規制強化、JPモルガンCEOの「詐欺」発言など、ビットコインをめぐる動きが騒がしい。一方で、資金洗浄や薬物販売といった犯罪目的でのビットコインの利用を追跡する捜査当局の動きも加速している。 Mike Orcutt4年前
  2. コネクティビティ
    FBIの顔認識システムに米国成人の半数が登録、15%は間違い
    FBIの顔認識システムには米国民の半数が登録され、しかも誤認率が15%もあることがわかった。顔写真は犯罪とは無関係に、パスポートや運転免許証など、顔写真付きの身分証明書の申請時に収集されている。 Jamie Condliffe5年前
  3. コネクティビティ
    各国政府はLINEやMessengerの暗号を規制するか?
    スマホやメッセージング・アプリの暗号化が強力すぎて、各国の捜査当局は容疑者のデータを解読できず、困っている。テクノロジー業界を育成したい産業政策と、犯罪捜査はどちらが優先されるべきだろうか。 Mike Orcutt5年前
  4. コネクティビティ
    MS対FBIの法廷闘争で注目のクラウド・サービスの捜査管轄
    「豊かな社会があって国家が強くなる」と考えれば、捜査機関の権限を一方的に強くすることは、自国企業の国際競争力を維持する上で得策でないことがわかる。 Mike Orcutt5年前
  5. コネクティビティ
    アマゾン・エコーが殺人を録音? 当局の開示要求をアマゾンは拒否
    捜査当局はアマゾンに対し、容疑者が所有するエコーに記録されたデータの開示を要求した。IoTとプライバシーに関する微妙な疑問が生じてくる。 Michael Reilly5年前
  6. コネクティビティ
    AT&T、捜査機関のデータ提出要求に有償対応
    AT&Tが顧客メタデータを取得するツールの使用料を捜査員に請求することを示す内部文書が暴露された。 Michael Reilly5年前
  7. コネクティビティ
    犯罪予測システム
    シカゴ市警、使いこなせず
    銃犯罪を減らすためのデータ駆動型ツールは、警察によって無視されたり、誤用されたりして、役に立たなかった。 Michael Reilly5年前
  8. 知性を宿す機械
    FBIの人種差別的な
    顔認識システム
    顔認識システムは人種によって精度が異なることが判明。 Mike Orcutt5年前