1. コネクティビティ
    経済的利益を目的とした従来のサイバー攻撃とは異なり、従業員や地域住民の生命を危険にさらす国家ぐるみのサイバー攻撃のリスクが高まっている。2017年に中東の石油化学プラントを操業停止に追い込んだ「トリトン」は多くの関係者に衝撃を与えた。専門家らは産業用モノのインターネット(IIoT)時代の到来でさらなる被害が増えることを懸念している。 Martin Giles2年前
  2. 知性を宿す機械
    セキュリティ研究者に朗報、マルウェア検出AIの訓練データセット
    進歩の速いマルウェアに対抗するための取り組みとして、人工知能(AI)の利用が進んでいる。4月に公開されたマルウェア検出AIの訓練用の大規模データセットは、こうした取り組みの助けとなるだろう。しかし同時に、AIに検出されないマルウェアを作成するのにも役立つ一面を持つ。 Jackie Snow2年前
  3. コネクティビティ
    ワナクライよりも稼ぐマルウェアが密かに蔓延していた
    NSAから盗まれたエクスプロイトを使った、ワナクライよりもはるかに稼いでいるマルウェアが見つかった。なんと、4月から密かに活動を続け、不当に100万ドル以上を稼いだそうだ。しかし、盗まれたエクスプロイトの実態は解明されていないので、これが終わりではない。 Jamie Condliffe and Michael Reilly3年前
  4. コネクティビティ
    機械学習がGoogle Play上の新手の不正トレンドを発見
    ★5評価を書かないと広告を消さないアプリなど、Google Play上のマルウェアの新手法を機械学習が発見した。アプリのレビューに現れる不正を検出することでマルウェアを見つけ出す方法は今のところ有効だが、すぐに裏をかかれるだろう。 Emerging Technology from the arXiv4年前
  5. コネクティビティ
    DDoS攻撃の黒幕は、DDoS防御サービスの創業者だった
    昨年発生したDDoS攻撃に使われたボットネットの作者の正体がついに判明したかもしれない。 Jamie Condliffe4年前
  6. コネクティビティ
    超音波マルウェア攻撃の逆襲
    ファンスミッター攻撃を実証
    コンピューターのファンの回転速度を制御することでデータを符号化し、情報を盗み出す出す手法をイスラエルの研究者が実証。 Emerging Technology from the arXiv4年前