KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
One of the Creators of a Massive Internet of Things Botnet Has Been Unmasked

DDoS攻撃の黒幕は、DDoS防御サービスの創業者だった

昨年発生したDDoS攻撃に使われたボットネットの作者の正体がついに判明したかもしれない。 by Jamie Condliffe2017.01.20

あるセキュリティ研究者が、昨年発生した壊滅的なオンライン攻撃を引き起こしたコードの黒幕であるプログラマーの身元を確認したと主張している。

2016年後半、何百何千というネット接続機器がハッキングされ、サーバーの機能を停止させる大量のデータを送信するのに利用された。インターネットに接続されたカメラやブロードバンド・ルーターなどのハードウェアで構成される「IoTボットネット」により、Webサイトやインターネット・インフラが破壊されたのだ。最も目立つ攻撃では、米国の東海岸大部分に影響があった。

これまでのところ、攻撃の多く(セキュリティ研究者で作家のブライアン・クレブスを標的したものを含む)は「ミライ(Mirai)」と呼ばれる悪意のあるソフトウェアのせいだとわかっている。Miraiは機器に忍び込み、他の機器に感染し、他のソフトウェアで駆除しにくいのが特徴だ。その後Miraiは最悪な結果につながりうる世界的なボットのネットワークを構築した。

クレブスはイ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント