KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California

グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出

アルファベット(グーグル)の医療系子会社ベリリはカリフォルニア州で、バクテリアの一種であるボルバキアで不妊化した蚊2000万匹の放出を始めた。ジカ・ウイルスやデング熱を媒介する蚊の個体群を減らすのが狙いで、同種の野外実験として米国史上最大規模となる見通しだ。 by Emily Mullin2017.08.01

アルファベット(グーグル)の医療系子会社ベリリは、1週間で100万匹の蚊を育てられるロボットを開発したと発表した。ベリリ(Verily)によると、不妊化した蚊2000万匹の最初の一群をカリフォルニア州フレズノ郡で放出し始めたという。

さまざまな昆虫に感染する自然界のバクテリアの一種であるボルバキアで処理したオスの蚊を放つ野外実験として、米国で史上最大規模となる見通しだ。ベリリによると、飼育・放出できる蚊の数を増やすために、特注のソフトウェア・アルゴリズムとロボットを使っているという。ベリリは2016年10月に、生殖力のない蚊を開発する計画について最初の発表をした。ジカ・ウイルスやデング熱などの病気を媒介する蚊の個体群を激減させるのが狙いだ。

ベリリの取り組みは、死に至る病気の伝染を防いだり、作物を農業害虫から守ったりするために、改変した昆虫を使うことに対する産業界や非営利団体の関心の高まりを象徴している。ビル&メリンダ・ゲイツ財団も不妊化した蚊のアイデアを検討しており、英国企業オキシテック(Oxitec)はいわゆる「自己制御遺伝子(self-limiting gene)」を用いて、時間経過とともに個体群が激減するように娥の遺伝子を改変している( 「蚊の遺伝子改変で病気を減らしてカネになるのか?」を参照)。

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント