1. 生命の再定義
    米国防総省は、遺伝子工学の最近の進歩を国家やテロリストが悪用することによる国家安全保障上の脅威について調べた報告書を公開した。同報告書によると、合成生物学はリスクを確実に拡大しており、現時点では大きな脅威ではないが、対応する準備は進めるべきだという。 Antonio Regalado2年前
  2. 生命の再定義
    ワシントンDCで5月に、バイオテロを想定した演習訓練が実施された。現在における最も際立った特徴は、遺伝子工学の進歩により、国家主体でなくても新たなウイルスを容易に作成できるようになったことだ。演習訓練のシナリオはバッドエンドを迎えるが、現実ではそうならないように政府や政治家は対策を練る必要がある。 Antonio Regalado2年前
  3. 生命の再定義
    世界中で増え続ける膨大な量のデータを格納するのに、人工的に合成したDNAを利用する研究がなされている。DNAは非常に高密度であることに加えて、長期にわたり安定しているからだ。現在はデータあたりの価格がまだ高額だが、テクノロジーの改良が進めば、ぐっと手に入れやすい価格になる可能性がある。 Bryan Walsh3年前
  4. 生命の再定義
    自然界のすべての生物の遺伝子情報は、A、G、C、Tの4種類の文字で表わされる。サンディエゴにあるスクリプス研究所の研究チームが、自然界には無い2種類の遺伝子文字を追加した細菌を作成し、異質なたんぱく質を作り出すことに成功した。 Antonio Regalado3年前
  5. 生命の再定義
    アンモニアを吸収する「飲む大腸菌」が安全性試験へ
    尿素回路に異常のある患者を助けるために、アンモニアを吸収するように遺伝子を改変した大腸菌を経口投与する「生きたバイオ療法製品」の安全性試験が始まった。治験ボランティアたちを3週間、病院の施設に缶詰めにして、排泄物のDNAを分析する。 Antonio Regalado3年前
  6. 生命の再定義
    CRISPRは、多剤耐性菌に対抗する抗生物質代わりになるか?
    病院や養護施設で致命的な感染症を引き起こすクロストリジウム・ディフィシルは、抗生物質が効かない。では、バクテリアの免疫防御システムからヒントを得たCRISPRは、抗生物質代わりになるだろうか? Emily Mullin4年前
  7. 生命の再定義
    法規制が後手に回る5つの最新バイオテクノロジー
    米国科学アカデミーが、実用化直前だが、規制当局が決まっていない5つの最新バイオテクノロジーを発表した。実用化に大きなメリットがあるテクノロジーがある一方で、取り返しのつかない悪影響をもたらしかねないテクノロジーもある。 Emily Mullin4年前
  8. 生命の再定義
    デザイナー染色体で人工酵母菌、ヒトへの応用も検討中
    ニューヨーク大学を中心とする国際研究チームが、染色体の3分の1以上を人工的に置き換えた人工酵母菌の作成に成功した。ヒトの遺伝子を染色体単位で交換するテクノロジーにつながる第一歩を踏み出した。 Emily Mullin4年前
  9. 生命の再定義
    病気を治す人工バクテリア
    デザイナー菌に賭ける企業
    合成生物学企業は患者に経口投与する遺伝子組み換えバクテリアを開発しているが、認可手順は不明だ。 Antonio Regalado4年前
  10. 生命の再定義
    バイオ犯罪の専門捜査官をなぜFBIは設置したのか?
    自宅車庫でも可能になった遺伝子編集は生物伝染病を解き放つのか? 起きたとしてもエド・ユー特別捜査官には対処の準備がある。 Antonio Regalado4年前