KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Designer Chromosomes Point to New Synthetic Life-Forms

デザイナー染色体で人工酵母菌、ヒトへの応用も検討中

ニューヨーク大学を中心とする国際研究チームが、染色体の3分の1以上を人工的に置き換えた人工酵母菌の作成に成功した。ヒトの遺伝子を染色体単位で交換するテクノロジーにつながる第一歩を踏み出した。 by Emily Mullin2017.03.10

国際的な科学者チームが、酵母菌細胞のすべての遺伝物質を研究所で組み込んだデザイナーDNAで置き換える目標に近づいている。パン酵母菌に人工染色体を「焼き付ける」研究は、生物学者が進める、改良された、あるいは全く新しい生命体を研究所内で作り出すテクノロジーへの第一歩だ。

酵母菌作成プロジェクト「Sc2.0」には、10大学から約200人の科学者が参加している。サイエンス誌の3月9日の記事によれば、研究チームは苦心の末、酵母菌にある16の染色体のうち5つを、医薬品やバイオ燃料の生産に適した性質になるよう改変された人工の複製物と置き換えたという。

進行中のプロジェクトを率いるニューヨーク大学ランゴーン医療センターのジェフ・ブーケ教授は「私たちの研究は、本質的に進化を加速させます」という。

研究チームによって以前作れられた最初の人工酵母菌染色体と組み合わせることで、酵母菌ゲノムを構成する染色体の3分の1以上が人工物になる。

この研究は、ランゴーン医療センターのDNA鎖の製造技術に基づいている。ブーケ教授によれば、研究チームはDNAを商業的供給元から、DNA1文字ごとに約10セントで購入しているという。単価から計算すると、酵母菌ゲノム全体をカバーするには約125万ドルかかるが、人件費まで含めると研究全体にはもっと高額の費用がかかっている。

人工酵母菌プロジェクトは、ブーケ教授も参加しているさらに野心的な活動「ゲノム・プロジェクト・ライト(Genome Project-Write)」の土台になる。完全な人工植物ゲノムや動物ゲノム、まだ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント