1. アンカ・ドラガン(カリフォルニア大学バークレー校)
    人間の行動をロボットに理解させ、共同作業を促進する。 MIT Technology Review Editors4年前
  2. 生命の再定義
    CRISPR特許の真の発明者が決まっても、イノベーションが止まらない理由
    医学生物学と農業分野の企業が、CRISPRの製品化に躍起になっている。特許権の所有者が判明したとき、無効になった許諾を得ていた企業はどうなるのだろうか? Emily Mullin4年前
  3. コネクティビティ
    アニメ用語ぽいけど「モジュール型機動外骨格(MAX)」はホンモノ
    安価で軽量な外骨格が普及すれば、人間の仕事は人間のままでもロボット化する。 Will Knight4年前