KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
CRISPR Patent Outcome Won’t Slow Innovation

CRISPR特許の真の発明者が決まっても、イノベーションが止まらない理由

医学生物学と農業分野の企業が、CRISPRの製品化に躍起になっている。特許権の所有者が判明したとき、無効になった許諾を得ていた企業はどうなるのだろうか? by Emily Mullin2016.12.14

先週、バージニア州アレクサンドリアにある米国特許商標庁で審査員団が、現在まで今世紀最大のバイオテクノロジーの発見である「クリスパー(CRISPR)/CAS9」に関する権利を誰が所有するべきかの議論を審問した。CRISPRは精密な遺伝子編集システムで、深刻な人間の遺伝子障害を治療し、干ばつや病原菌に抵抗するデザイナー作物を作る可能性を秘めている。

この論争に巻き込まれているのは、CRISPRに関連する13件の特許を所有するマサチューセッツ工科大学(MIT)とハーバード大学共同のブロード研究所と、同テクノロジーの真の発明者あると信じるカリフォルニア大学バークレー校だ。2大学のグループは(人間、植物、動物の)真核細胞におけるCRISPR遺伝子編集の所有権を争っている 。争われているのはCRISPRでも最も利益を生み出す使用法に相当するテクノロジーだ。

何百万ドルもがかかっているテクノロジーの所有権争いの先には、生物医学と農業会社との多数の商業契約がある。衝突の成り行きによっては、契約のいくつかが無効になる可能性もある。しかし、2017年前半と見込まれている特許審査員の決断によって、CRISPR関連の会社が破綻したり、商業研究施設でイナズマのような速度で進む研究開発を遅らせたりすることはないだろう、と専門家はいう。

「どんな会社の成功や失敗も、特許だけにかかっているのではありません」と2000万ドルをエディタス・メディシンに投資したディアフィールド・マネジメントの知的財産弁護士であるマーク・シュティラーマンはいう。むしろ、資金繰りのほうが大事だとシュティラーマンはいう。

エディタスがブ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント