KADOKAWA Technology Review
×
締切 迫る!【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
構想者
JON HAN
35歳未満のイノベーター35人 2017構想者
現状に満足しないイノベーターたちは、物事を劇的に改善することを目指しています。

Anca Dragan アンカ・ドラガン (30)

所属: カリフォルニア大学バークレー校

人間の行動をロボットに理解させ、共同作業を促進する。

カリフォルニア大学バークレー校で電気工学とコンピューター科学が専門のアンカ・ドラガン助教授は、複雑で曖昧な人間の行動様式を、ロボットにも理解できる数理モデルに変換する研究をしている。ドラガンによると、人間とロボットが一緒に作業しようとするときに衝突するのは、お互いがどのように動こうとしているのかが不透明だからだ。ロボットに、自身がどのように人間の行動に影響を与えるか理解させることで、衝突を防げる。喫緊の応用課題は、人間が運転する自動車と自動運転車の双方が次の動きを予測するのを助けることだ。

(ジュリア・スカラー)

 

人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. Competitive e-cycling lets you be a champion from your apartment 盛り上がるeサイクリング、「お隣さん」が世界王者になる?
人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. Competitive e-cycling lets you be a champion from your apartment 盛り上がるeサイクリング、「お隣さん」が世界王者になる?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る