KADOKAWA Technology Review
×
構想者
35歳未満のイノベーター35人 2017構想者
現状に満足しないイノベーターたちは、物事を劇的に改善することを目指しています。

Anca Dragan アンカ・ドラガン (30)

カリフォルニア大学バークレー校

人間の行動をロボットに理解させ、共同作業を促進する。

カリフォルニア大学バークレー校で電気工学とコンピューター科学が専門のアンカ・ドラガン助教授は、複雑で曖昧な人間の行動様式を、ロボットにも理解できる数理モデルに変換する研究をしている。ドラガンによると、人間とロボットが一緒に作業しようとするときに衝突するのは、お互いがどのように動こうとしているのかが不透明だからだ。ロボットに、自身がどのように人間の行動に影響を与えるか理解させることで、衝突を防げる。喫緊の応用課題は、人間が運転する自動車と自動運転車の双方が次の動きを予測するのを助けることだ。

(ジュリア・スカラー)

 

人気の記事ランキング
  1. Will the universe’s expansion mean planets no longer orbit stars? 読者からの質問:宇宙が膨張したら重力が機能しなくなりますか?
  2. Five things we’ve learned since Voyager 2 left the solar system ボイジャー2号が太陽圏離脱 有終の美を飾る5つの成果
  3. The landing site for NASA’s Mars 2020 rover might be home to fossilized life 生命の痕跡見つかるか? マーズ2020着陸地に化石の可能性
人気の記事ランキング
  1. Will the universe’s expansion mean planets no longer orbit stars? 読者からの質問:宇宙が膨張したら重力が機能しなくなりますか?
  2. Five things we’ve learned since Voyager 2 left the solar system ボイジャー2号が太陽圏離脱 有終の美を飾る5つの成果
  3. The landing site for NASA’s Mars 2020 rover might be home to fossilized life 生命の痕跡見つかるか? マーズ2020着陸地に化石の可能性
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る