KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!
構想者
JON HAN
35歳未満のイノベーター35人 2017構想者
現状に満足しないイノベーターたちは、物事を劇的に改善することを目指しています。

Anca Dragan アンカ・ドラガン (30)

所属: カリフォルニア大学バークレー校

人間の行動をロボットに理解させ、共同作業を促進する。

カリフォルニア大学バークレー校で電気工学とコンピューター科学が専門のアンカ・ドラガン助教授は、複雑で曖昧な人間の行動様式を、ロボットにも理解できる数理モデルに変換する研究をしている。ドラガンによると、人間とロボットが一緒に作業しようとするときに衝突するのは、お互いがどのように動こうとしているのかが不透明だからだ。ロボットに、自身がどのように人間の行動に影響を与えるか理解させることで、衝突を防げる。喫緊の応用課題は、人間が運転する自動車と自動運転車の双方が次の動きを予測するのを助けることだ。

(ジュリア・スカラー)

 

人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Trajectory of U35 Innovators: Sadayuki Furuhashi 古橋貞之:世界中で使われるソフトウェアを作る日本人プログラマー
  3. Biotech companies are trying to make milk without cows 「牛を使わないミルク」ベンチャーに脚光、鳥インフル感染拡大で
人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Trajectory of U35 Innovators: Sadayuki Furuhashi 古橋貞之:世界中で使われるソフトウェアを作る日本人プログラマー
  3. Biotech companies are trying to make milk without cows 「牛を使わないミルク」ベンチャーに脚光、鳥インフル感染拡大で
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る