KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

今日
The EU might ban facial recognition in public for five yearsEU、顔認識技術の一時使用禁止を検討

米国のニュースメディア、ポリティコ(Politico)が入手した文書の草案によると、欧州委員会は、研究および保安目的のプロジェクトを除き、公共の場での顔認識の使用を最長5年間禁止することを検討しているという(ただし、この草案には対象となるプロジェクトが何かは明記されていない)。欧州委員会が顔認識を一時的に禁止する狙いは、研究者や政策立案者がこの技術に対してどのように規制を設けるのが最善であるか、調査する時間を与えることにある。

続きを読む

米国のニュースメディア、ポリティコ(Politico)が入手した文書の草案によると、欧州委員会は、研究および保安目的のプロジェクトを除き、公共の場での顔認識の使用を最長5年間禁止することを検討しているという(ただし、この草案には対象となるプロジェクトは明記されていない)。欧州委員会が顔認識を一時的に禁止する狙いは、研究者や政策立案者がこの技術に対してどのように規制を設けるのが最善であるか、調査する時間を与えることにある。

欧米の活動家らは、顔認識の使用は女性や有色人種に対しては精度に欠けており、本人の同意なしにスパイ行為に利用される可能性があるとして懸念を表明している。欧州のデータ保護機関は、有力企業や政府が人の顔を測定の対象とすることは、人間の尊厳を損なう可能性があることを文書で伝えている。また、英国の調査結果では、国民の46%が顔認識を拒否できると考えていることが明らかになっている。

サンフランシスコやマサチューセッツ州サマービルなどの都市では、政府による顔認識の使用が禁止されている。興味深いことに、活動家たちが顔認識の私的利用の禁止を求めている一方で、シンクタンクのピュー研究所(Pew Research)による調査によれば、多くの米国人は警察の顔認識の使用に企業よりも寛容だ。

確かに欧州では、警察からスーパーマーケットに至るまで顔認識が猛烈な勢いで広がっている。一方で、最近ではフランススウェーデンが、学校敷地内での顔認識の設置を差し止めている。そして、顔認識技術が及ぼす影響の評価に時間をかけることは、技術が広く普及した後に規制するよりも安全だ。欧州委員会の提案は2020年2月の正式発表時には変更される可能性があるものの、米国大統領選の候補者の多くが求めている規制案よりも強固な立場を取っている。

閉じる
  • 画像クレジット: Photo by Lianhao Qu on Unsplash
angela.chen [Angela Chen] 2020.01.22, 6:56
企画・研究のアイデアに、
世界最先端のテクノロジー情報を。
MITテクノロジーレビュー「Insider Online」なら、トップ研究者や起業家へのインタビュー、テクノロジー動向の解説記事など、1,500本以上のコンテンツが読み放題。最新のエマージングテクノロジーを誰よりも早く、深く理解し、事業や研究に活用できます。 購読プランを見る
今日
Don’t attend North Korea’s blockchain conference, warn UN sanctions experts北朝鮮の暗号通貨会議に国連が警告、出席は制裁違反の恐れ

国連の対北朝鮮制裁専門家が提出する報告書で、2月に北朝鮮で開催される暗号通貨カンファレンスに参加しないよう警告している。制裁に違反する可能性があるためだ。

続きを読む

国連の対北朝鮮制裁専門家が提出する報告書で、2月に北朝鮮で開催される暗号通貨カンファレンスに参加しないよう警告している。制裁に違反する可能性があるためだ。

ロイターによると、1月下旬に国連の安全保障理事会に提出される予定の機密報告書では、以前開かれた北朝鮮の暗号通貨カンファレンスで、「制裁回避とマネーロンダリングのための暗号通貨について明らかに議論されていた」と警告している。2回目のカンファレンスは、2月22日から29日に平壌で開催される予定だ。

北朝鮮は、核兵器開発を抑制する目的で国連が加盟国に課している厳しい経済制裁に直面している。 その回避策として金正恩政権が依存を高めているのが、サイバー犯罪だ。前出の国連の対北朝鮮制裁専門家は8月、北朝鮮が「広範囲におよび、さらに高度な」サイバー攻撃を駆使して、暗号通貨取引所や銀行から金銭を盗み、兵器開発計画の資金に充てていたと述べている。 ロイターによると、今回の国連の報告書では、こうした活動が北朝鮮のミサイル計画に貢献したり、制裁回避にあたると考えられる場合、各国は「金融取引、技術訓練、助言、サービス、支援」などの提供を阻止しなければならないとしている。

北朝鮮の暗号通貨カンファレンスは昨年4月に初めて開催された。匿名の出席者が暗号通貨関連メディア「デクリプト(Decrypt)」に語ったところによると、政府関係者、中央銀行関係者、経済学教授などを含むカンファレンスの出席者は、ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨システムを利用した外国への送金や契約の履行方法を知りたがっていたという。

昨年11月にはイーサリアムの開発者の1人であるバージル・グリフィスが、カンファレンスに出席するため平壌に不正に渡航し、北朝鮮の出席者に「サービス」を提供したとして、米国の制裁法違反の容疑で逮捕されている。 グリフィス容疑者は1月になって連邦裁判所に起訴されており、 有罪が確定すれば20年以下の禁固刑を科される可能性がある。

閉じる
  • 画像クレジット: Flickr | Gilad Rom
マイク オルカット [Mike Orcutt] 2020.01.21, 13:51
1日前
Renewables investments staged a late-year rally2019年の再エネ投資額は前年比微増、風力が牽引=BNEF

2019年における再生可能エネルギーへの世界的な投資額は、前年比微増に終わった。

続きを読む

2019年における再生可能エネルギーへの世界的な投資額は、前年比微増に終わった。

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)の1月13日の発表によると、2019年における世界の再生可能エネルギーへの投資総額は、2018年から1%増加し、2820億ドルを超えた。最近になって中国とヨーロッパ沖の洋上風力発電プロジェクトが急増したことが増加の要因だ。

2019年、風力発電プロジェクトには前年比6%増の1380億ドル以上が投じられている。この額には洋上発電所に対する300億ドル近くが含まれている。一方、太陽光プロジェクトには約1130億ドルが費やされたが、これは前年から3%の減少だ。

再生可能エネルギーへの世界最大の投資国である中国は、年間830億ドル以上を支出している。だがこの金額は2013年以来、最低レベルだった。 一方、米国は年間投資額としては過去最高となる約560億ドルを記録した。連邦税額控除が期限切れになる前に資格を得ようと、開発業者らが競い合ったためだ。

2019年下半期は同年上半期から一転し、クリーンエネルギーへの投資が前年同時期に比べ14%落ち込んだ。中国は、非常に高額な再生可能エネルギー補助金プログラムを削減したのに伴い、投資を40%近くまで減らした。

これらの結果として2019年の再生可能エネルギーへの投資総額は、わずかながら前年よりも増加している。だが、これらの数値は、非常に危険なレベルの温暖化を回避できるだけの速さで排出量を削減するために必要な投資レベルには依然として遠く及ばない。環境保護団体ブレークスルー研究所(Breakthrough Institute)による最近の分析によると、電力需要の高まりに対応し、2℃の温暖化を防ぐために必要なエネルギーシステムを開発するには、クリーンエネルギー導入の年間成長率を2040年までに5倍にする必要がある。

閉じる
  • 画像クレジット: Photo by Nicholas Doherty on Unsplash
ジェームス・テンプル [James Temple] 2020.01.21, 6:51
1日前
Ukraine has asked for FBI help on the reported Russian hacking plotウクライナのエネルギー企業にロシアがサイバー攻撃、FBI捜査へ

ロシアの軍事諜報機関が関与するハッカーからハッキングを受けた、とのウクライナのエネルギー会社ブリスマ(Burisma)の被害届を受け、ウクライナ当局は捜査を開始した。同社は次期米国大統領候補であるジョー・バイデンの息子が役員を務めていた企業。1月16日、ウクライナ当局は米国連邦捜査局(FBI)に捜査協力を要請した。

続きを読む

ロシアの軍事諜報機関が関与するハッカーからハッキングを受けた、とのウクライナのエネルギー会社ブリスマ(Burisma)の被害届を受け、ウクライナ当局は捜査を開始した。同社は次期米国大統領候補であるジョー・バイデンの息子が役員を務めていた企業。1月16日、ウクライナ当局は米国連邦捜査局(FBI)に捜査協力を要請した。

ポリティコ(Politico)の報道によると、米国の議員は報告されたハッキングについて、さらに詳しい情報を要求している

米国のサイバーセキュリティ会社のエリア・ワン・セキュリティ(Area 1 Security)は13日、ブリスマを標的にしているのは、民主党全国委員会のサーバーが攻撃された2016年の事件と同じロシアのハッカーであることを明らかにした。2016年のハッキングは、ロシアによる前代未聞の組織的な選挙干渉キャンペーンとして米国の諜報機関によって認定されている。報道によると、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が設立したエンターテイメント会社、第95街区(Studio Kvartal 95)も同じハッカーに狙われていたという。

エリア・ワンは、ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)の関与を指摘している。このハッカー集団は「ファンシー・ベア(Fancy Bear)」あるいは「APT28」と呼ばれており、世界的にも先進的かつ熟練した、政府支援を受けた悪名高いハッキング・グループの1つとされる。 ロシア大使館にコメントを求めたが、回答は得られなかった。

いまだ多くの疑問が残っている。ハッキングが成功したのかどうか、具体的にどのような情報を盗む目的だったのか、ハッキングを企てた背景に何があったのか、また、ハッキングを試みた結果どうなったのかなどは明らかになっていない。サイバーセキュリティ専門家は、技術面に関する詳細情報の提供が相対的に不十分だと批判しており、事件についてのより詳しい情報を求めている。

2016年、民主党全国委員会とヒラリー・クリントンの選挙陣営から盗まれたメールは、年間を通じて戦略的に漏洩されていた。

ハンター・バイデンが役員を務めていたブリスマは、父親であるジョー・バイデンが次期大統領選挙に立候補したことを受け、ドナルド・トランプ大統領がウクライナ当局に対してジョー・バイデンを捜査するよう圧力をかけたとされ、注目を集めている。米国下院議会ではトランプ大統領の弾劾が可決される事態に発展し、上院での審理は21日から始まる予定だ。

ブリスマとFBIにもコメントを求めたが、回答はまだ得られていない。

閉じる
  • 画像クレジット: Burisma
patrick.howell.oneill [Patrick Howell O'Neill] 2020.01.21, 6:39
4日前
Hackers linked to Iran have been trying to crack the US grid for ages, says reportイラン系ハッカー集団が米国に攻撃、インフラ企業狙いか

セキュリティ会社ドラゴス(Dragos)が新たに発表した分析によると、イラン政府が後ろ盾となっているマグナリウム(Magnallium)というハッカー集団が、少なくとも1年間、米国の電力会社へのアクセスを試みていた。マグナリウムは米国の電力会社、石油、ガス会社に繋がる何百ものアカウントのパスワードを推測しようとしていた。この手法は「パスワード・スプレー攻撃」と言われている。今回の分析結果は、2019年11月に同様の組織的活動を発見したと明らかにした、マイクロソフトの調査結果とも一致する。

続きを読む

サイバーセキュリティ企業のドラゴス(Dragos)が新たに発表した分析によると、イラン政府が後ろ盾となっているマグナリウム(Magnallium)というハッカー集団が、少なくとも1年間、米国の電力会社へのアクセスを試みていたことが明らかになった。マグナリウムは「パスワード・スプレー攻撃」と呼ばれる手法で、米国の電力会社や石油・ガス会社に繋がる何百ものアカウントのパスワードを推測しようとしていた。今回の分析結果は、2019年11月に同様の組織的活動を発見したと明らかにした、マイクロソフトの調査結果とも一致する。

ハッカー集団の作戦が成功したのかどうかは分からないが、報告では、インフラ施設の物理的設備を制御している、より特殊なソフトウェアにアクセスするには、はるかに精巧な手法が必要だと述べられている。ハッカーは今のところ米国で停電を起こす能力は持っていないようだが、それでも発電所のコンピューター・ネットワークを中断させる可能性はある。この報告は、インフラ所有者は絶えずサイバーセキュリティに気を配り、従業員に強力かつ使い回ししていないパスワードを使うなど基本的なセキュリティ上の助言を守らせ、また、もっと有効な保護策を採用させる必要があると注意を促している。

米国がイランのカセム・スレイマニ司令官を暗殺した後、米国とイランの間の緊張が高まる中で、専門家はイランがサイバー攻撃で報復するのではないかと警告していた。今のところ状況はほんの少し鎮静化しているが、ハッカーの侵入は続きそうだ。

閉じる
  • 画像クレジット: Associated Press
シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2020.01.18, 9:44
4日前
60% of US politicians haven’t upgraded their cybersecurity since 2016米国政治家の6割がセキュリティ対策を見直さず=グーグルなど調査

市場調査会社のハリス(Harris)とグーグルの新しい調査によると、2016年の民主党全国委員会とヒラリー・クリントンの大統領選挙キャンペーンに対するハッキング以来、大半の米国の政治家はサイバーセキュリティをまじめにアップグレードしていない。 2020年の米大統領選の最初の予備投票が来月には始まるにもかかわらず、だ。

続きを読む

市場調査会社のハリス(Harris)とグーグルの新しい調査によると、2016年の民主党全国委員会とヒラリー・クリントンの大統領選挙キャンペーンに対するハッキング以来、大半の米国の政治家はサイバーセキュリティをまじめにアップグレードしていない。 2020年の米大統領選の最初の予備投票が来月には始まるにもかかわらず、だ。

パスワードはやっかいなものだ。 脆弱なパスワードは蔓延しているし、複雑なパスワードにはイライラさせられる。良し悪しにかかわらず、簡単に盗まれてしまうのも困りものだ。

セキュリティの専門家は、オンライン・アカウントを保護する最善の方法は、本物のアカウントにログインしているかどうかを検証する「セキュリティ・キー」を使用することだという。 これをできる限り簡単にするために、グーグルは1月15日、アイフォーン向けの「スマート・ロック(Smart Lock)」アプリをリリース。スマートフォンをセキュリティ・キーとして使用できるようになった、と発表した(アンドロイドでは以前から同様の機能を提供)。

グーグルのアドバンスト・プロテクション・プログラム(Advanced Protection Program)製品部長であるシュヴォ・チャタジによると、グーグル社内では2017年にセキュリティ・キーを導入して以来、フィッシング被害は一度も起きていないという。大きな功績だ。グーグルの2019年の研究では、セキュリティ・キーを使うことで、高度なハッカーによる標的型攻撃を含むアカウントの乗っ取りを完全に防止できることが示されている。

ハリスは今回の調査で、政治家やジャーナリスト、活動家、インフルエンサーなど、500人の「ハイリスク・ユーザー」にセキュリティ対策について質問している。 政治家の60%は前回の大統領選以降、システムをアップグレードしていなかった。だが、ハイリスク・ユーザーの50%がセキュリティ・キーを使っていると回答したのは驚きだ。調査に応じたハイリスク・ユーザーのうち66%が、何らかの多要素認証を含むパスワード以外の追加のセキュリティ対策を導入している。だが、これは一般人の69%より低い数値で、対策の遅れが目立っている。

閉じる
  • 画像クレジット: "Capitol (Washington)" by alcebal2002 is licensed under CC BY-SA 2.0
patrick.howell.oneill [Patrick Howell O'Neill] 2020.01.18, 7:55
企画・研究のアイデアに、
世界最先端のテクノロジー情報を。
MITテクノロジーレビュー「Insider Online」なら、トップ研究者や起業家へのインタビュー、テクノロジー動向の解説記事など、1,500本以上のコンテンツが読み放題。最新のエマージングテクノロジーを誰よりも早く、深く理解し、事業や研究に活用できます。 購読プランを見る
5日前
This weird-looking pigeon is actually a drone that flies with real feathers「鳥だ!」「飛行機だ!」……実はスタンフォードの「鳩型ロボ」

ロボット工学者たちは飛行のアイデアを得るために鳥に何年も注目してきたが、ドローンを本物の鳥のように飛ばすことにはまだ成功していない。スタンフォード大学のデビッド・レンティンク助教授とその同僚らは、柔らかい羽根のついた翼で飛ぶ初のロボットを作り、その実現に一歩近づいた。

続きを読む

ロボット工学者たちは飛行のアイデアを得るためにに何年も注目してきたが、ドローンを本物の鳥のように飛ばすことにはまだ成功していない。スタンフォード大学のデビッド・レンティンク助教授らは、柔らかい羽根のついた翼で飛ぶロボットを初めて作り、その実現に一歩近づいた。硬いドローンに比べて、容易に操作できるうえ、強い風にも耐えられるとレンティンク助教授は話す。この鳥ドローンの詳細を記述した2本の別々の論文が、『サイエンス・ロボティクス』および『サイエンス』にそれぞれ掲載された。

鳥がどのように飛行をコントロールするのかを理解するため、レンティンク助教授らは一般的な鳩の骨格と羽根を研究した。鳩は特に、荒れた気象条件の中で飛ぶことに長けているからだ。すると、鳩は、4つの「手首」及び「指」関節を使って動きを操り、約40本のマジックテープのような羽を通して飛行をコントロールしていることが分かった。レンティンク助教授らは、プロペラ駆動式ドローンの中に同様の仕組みを再現した。ドローンの「体」は、埋込み型のGPS及びリモートコントロールの受信機が付いた発泡スチロール製の枠組みで、操作可能な翼として本物の鳩の羽根を装着した。この羽根のついた翼は、カーボンとガラスファイバーで作った以前の試作品に比べて、はるかに軽く頑丈だった。

この「鳩ロボ」は初期の試作品に過ぎないが、鳥と同じくらい機敏に動けるドローンへの道を開く可能性がある。鳥のような翼を付けることで、ドローンを軽量化でき、より効率化できるかもしれない。つまり、燃料を補給せずに、より長い距離を移動できるようになるということだ。さらに、そのような翼があれば、特に強風の状況でコントロールが容易になるかもしれない。

閉じる
  • 画像クレジット: Stanford University
シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2020.01.17, 17:39
6日前
Climate change dominates the WEF’s latest list of humanity’s biggest risks気候変動が長期リスクの首位に、ダボス会議を前にWEFが報告

世界の政治やビジネスのトップ・リーダーを招いて開催する年次総会に先立ち、世界経済フォーラム(WEF:World Economic Forum)は毎年、世界が直面するリスクについて詳細な報告書を発表している。今年は、2006年に最初の報告書が発表されて以来初めて、気候変動が最大の懸案事項に位置づけられた。

続きを読む

世界の政治やビジネスのトップ・リーダーを招いて開催する年次総会に先立ち、世界経済フォーラム(WEF:World Economic Forum)は毎年、世界が直面するリスクについて詳細な報告書を発表している。今年は、2006年に最初の報告書が発表されて以来初めて、気候変動が最大の懸案事項に位置づけられた。

報告書で明らかになった主な懸念は、気候変動の緩和や適応の失敗だ。報告書の調査に協力した有識者ら750人が挙げた、世界が直面する脅威のトップ10のうち1つを除くすべてが気候変動に関係するものだった(例外は大量破壊兵器)。具体的には、今後10年間で高まる危惧として、自然災害、生物多様性の喪失、水不足などが挙げられている。

なぜ、いまのか? 気候変動そのもののニュースは多くはない。だが、オーストラリアアマゾンでは火災が猛威を振るい、2019年には地球温暖化の影響は無視するのがさらに難しくなった。2018年末には、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC) が、猛暑、干ばつ、洪水を避けるために、以前に合意した2℃未満ではなく、1.5℃に温暖化を抑える必要があると警告している。これを達成するには、人類に起因する二酸化炭素の排出量を、2030年までに2010年の半分にまで減らさなければならない。だが、このシナリオは現在のところ実現しそうもない

WEFの報告書ではこのほか、国内政治の二極化に加えて、景気の低迷が最大の短期的リスクとして挙げられた。大規模で影響の大きいインフラへのサイバー攻撃も脅威だとしている。

閉じる
  • 画像クレジット: WEF | Flickr
シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2020.01.16, 18:42
7日前
The US AG has asked Apple to unlock the Pensacola shooter’s iPhone米国司法長官、アイフォーンのロック解除をアップルに要請

ウィリアム・バー米国司法長官はアップルに対し、12月に米海軍兵士3名を銃撃したサウジアラビア空軍の男が所有するアイフォーン(iPhone)のロックを解除するよう要請した。

続きを読む

ウィリアム・バー米国司法長官はアップルに対し、12月に米海軍兵士3名を銃撃したサウジアラビア空軍の男が所有するアイフォーン(iPhone)のロックを解除するよう要請した

暗号とプライバシー、安全保障をめぐるシリコンバレーと司法省との新たな戦いの始まりを告げるニュースだ。

アップルはすでに米国の捜査当局に対し、ペンサコーラ海軍航空基地の襲撃犯、モハメド・サイード・アルシャムラニのアイクラウド(iCloud)アカウントから取得したデータを提供している。だがこれまでのところ、アップルはバー司法長官の要請にもかかわらず、アイフォーンのロック解除を拒否している。MITテクノロジーレビューはアップルにコメントを求めたが、返答はすぐには得られなかった。

アイフォーンは、所有者以外が端末上の情報へアクセスすることを避けるため、強力な暗号化によって保護されている。より強力なプライバシー保護を求める消費者の声に押され、暗号化は過去10年で一大ブームになった。2019年7月、政府による暗号化データへのアクセス合法化を訴える演説でこの論争を再燃させたバー司法長官にとって、ロック解除はますます重要な政治目標となっている。だが、マイケル・ヘイデン元米国国家安全保障局長官や暗号専門家マシュー・グリーン博士など合法化に批判的な人々は、「バックドア」によってインターネットのセキュリティとプライバシーが大きく損なわれる恐れがあるという。司法当局による捜査にたびたび手を貸してきたアップルや大手シリコンバレー企業も、自社製品に使用している強力な暗号化の解除を求める当局の要請を拒否し続けている。

「私からの助言は、すぐに行動を開始すべきだということです」。リンゼー・グラム上院議員は、先月開かれた公聴会でアップルとフェイスブックの代理人に対してこう述べた。「なぜなら、来年の今頃に適切な方法が見つかっていないようなら、我々の要望を通すことになるからです」。

暗号化データの問題を巡るこれまでの大きな争いは、2015年と2016年、カリフォルニア州サンバーナーディーノで14名の命を奪ったテロリストの携帯電話をめぐる、アップルと米国連邦捜査局(FBI)との法廷闘争だ。当時のジェームズ・コミーFBI長官は法的手段により、襲撃犯サイード・ファルークのアイフォーンのロックを解除する新たなツールをアップルに開発させようとした。だが、携帯電話のハッキングを手がけるイスラエル企業のセレブライト(Cellebrite)とFBIが契約したことを受け、最終的には引き下がった経緯がある。

閉じる
  • 画像クレジット: Department of Justice
patrick.howell.oneill [Patrick Howell O'Neill] 2020.01.15, 17:08
8日前
Why geoengineering may narrow global economic inequality地球工学が世界の格差を埋める可能性=ジョージア工科大ら試算

太陽光を反射する粒子を大気中に散布して地球温暖化を食い止める地球工学(ジオエンジニアリング)が、とりわけ世界で最も暑く、最も貧しい地域の負担や被害を緩和する可能性を信じる科学者がいる。

続きを読む

太陽光を反射する粒子を大気中に散布して地球温暖化を食い止める地球工学(ジオエンジニアリング)が、とりわけ世界で最も暑く、最も貧しい地域の負担や被害を緩和する可能性を信じる科学者がいる。

ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)誌に掲載された新しい論文は、その考えをさらに推し進め、地球工学による対策は気候変動の影響を最も受けやすい国の経済成長を加速させる可能性があると結論付けている。少なくとも地球温暖化を放置した場合に比べて、世界の不平等が緩和されるという。

貧しい国はすでに非常に暑く、多くの場合、農業生産高と労働生産性の低下につながっている。このような条件下では、わずかな温暖化やわずかな雨量の減少が、壊滅的な干ばつや飢餓、紛争、その他の災害を引き起こすことがある。

一方、ジョージア工科大学とカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者が用いた経済モデルでは、その逆も同様だと分かった。わずかな寒冷化とわずかな雨量の増加が、こうした地域に非常に大きな経済的利益をもたらす可能性を明らかにした。さらに地球工学の気候モデルでは、世界中に均一に粒子を散布した場合、北極や南極に比べ赤道周辺をより涼しくし、地域間の気候の違いをわずかに減らすことが判明している。

高排出シナリオで地球工学を十分に活用して今世紀の気温を安定させた場合、貧しい国と豊かな国の気温が3.5℃上昇した場合に比べて世界の所得格差は約25%縮小するという。このような取り組みを十分に強化し、気温を2010年より3.5℃低くできれば、格差は約50%縮まるとしている。

今回の研究について研究者は、問題を検討するための単純化された思考実験だと述べている。この研究は、海面上昇のような他の要素を除外しており、環境への副作用に関する不確定要素について触れず、高レベルの排出と地球工学を前提にしている。その上、状況がおおむね改善したとしても、依然として、すべての貧しい国が豊かになることを意味するわけではない。

閉じる
  • 画像クレジット: Aurélie Marrier d'Unienville / IFRC
ジェームス・テンプル [James Temple] 2020.01.14, 10:55
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る