KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

今日
The world’s best supercomputers are being updated to run AI software fasterスパコン世界トップ500が発表、8位の産総研ABCIに見る新潮流

世界の最新スーパーコンピューターの最速トップ500のリストの発表とともに、6月17日、国際スーパーコンピューティング会議(ISC)がフランクフルトで開幕した。リストの1位と2位は米国のコンピューターが死守したものの、もっとも多くランクインしたのは中国だった(米国の116台に対し中国は219台)。

続きを読む

世界の最新スーパーコンピューターの最速トップ500のリストの発表とともに、6月17日、国際スーパーコンピューティング会議(ISC)がフランクフルトで開幕した。リストの1位と2位は米国のコンピューターが死守したものの、もっとも多くランクインしたのは中国だった(米国の116台に対し中国は219台)。

今回のリストには、人工知能(AI)のプログラミングを簡素化し、特定のAIタスクを高速化する機能を含むコンピューターもランクインしている。すでにスーパーコンピューターによって、いくつかのAIアプリケーションは高速化されている。 たとえば、トップ500のリストで第1位となった米国の「サミット(Summit)」(上の写真)は、すでに他のどのマシンよりも速く、気候研究のための複雑な機械学習モデルを実行している。

しかしAI研究者らは、スーパーコンピューターの利用はいまだに困難を伴うという。スーパーコンピューター上で稼働するプログラムを準備するのは複雑で時間がかかる作業だというのがその理由だ。今年のイベントで、スーパーコンピューターの製造者や運用者はそうした作業をいかにして簡単にするかを示した。

8位となった日本製のスーパーコンピューター「AI橋渡しクラウド(AI Bridging Cloud Infrastructure、ABCI)」( 産業技術総合研究所が構築・運用) は、チップメーカーのエヌビディア(Nvidia)が開発したチップとともにソフトウェア「コンテナ」を採用している。 コンテナは、アプリケーションと、アプリを実行するのに必要なソフトウェア・ライブラリおよびその他のサポート・ソフトウェアをまとめたものだ。産総研の説明によると、コンテナを使用することで深層学習モデルを従来よりはるかに高速に実行できるようになったという。

米国のスーパーコンピューター・メーカーのクレー(Cray) は、衛星などの地理空間データからマシンを学習させるAIプログラムを従来よりもはるかに簡単に実行できる新しいソフトウェアを発表した。同社は、深層学習用の新しいプラグインによって、天気予報から石油探査に至るまで、地理空間データを利用するアプリケーションで使われるモデルを訓練する際の所要時間を劇的に短縮するとしている。

多くのAIプログラムは、コンピューティング・クラウド内で互いに接続されたそれほど強力ではないマシン上で実行されている。しかし、スーパーコンピューターがより容易にAIタスクを実行できるようになれば、AI分野のさらなる進歩が見込まれるはずだ。

 

閉じる マーティン ジャイルズ [Martin Giles] 2019.06.20, 6:57
企画・研究のアイデアに、
世界最先端のテクノロジー情報を。
MITテクノロジーレビュー「Insider Online」なら、トップ研究者や起業家へのインタビュー、テクノロジー動向の解説記事など、1,500本以上のコンテンツが読み放題。最新のエマージングテクノロジーを誰よりも早く、深く理解し、事業や研究に活用できます。 購読プランを見る
今日
The first robot for scrubbing dishes will check each plate for dirt食洗機ではありません——洗い残しナシの「食洗ロボット」登場

家庭用キッチンにこのマシンがやってくるのは、残念ながらもうしばらく先になりそうだ。

続きを読む

家庭用キッチンにこのマシンがやってくるのは、残念ながらもうしばらく先になりそうだ。

スタートアップ企業「ディッシュクラフト(Dishcraft)」が、新しいロボットによる食器洗浄システムを発表した(食洗機ではない!)。業務用厨房を対象とした、1回に100枚ほどのお皿を洗える巨大なマシンだ。

仕組みは少し洗車に似ているが、洗うのは車ではなく食器だ。最初にカートにボウルやお皿を積み重ねてマシンにセットすると、中で食器が回転する。ロボットは洗い終わった食器を回収し、きれいに洗ってすすぎをする。その後、コンピューター・ビジョンを使って汚れが残っていないかを検査する。まだ汚れが残っている食器はシステムに戻される。洗浄が完了すると、食器をラックに積み重ねる。動いている様子は、以下の動画で確認できる。

食器洗いは繰り返し作業の汚れ仕事なので、スタッフの離職率が非常に高い理由の1つになっている。また、食器が破損することも多い。

このマシンは極めて高価であり、専用の磁気ベースの食器類にしか対応しない。これは明らかに問題だ。ガラス製や銀の食器は洗えないのだ。

閉じる シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.06.20, 6:55
1日前
Facebook has finally unveiled Libra, its digital currencyフェイスブックがついに暗号通貨「リブラ」発表、2020年発行へ

フェイスブックは、暗号通貨「リブラ(Libra)」の概要を説明するホワイト・ペーパーを発表した。2020年前半までにサービスを開始する予定だ。

続きを読む

フェイスブックは、暗号通貨「リブラ(Libra)」の概要を説明するホワイト・ペーパーを発表した。2020年前半までにサービスを開始する予定だ。

新しい暗号通貨は、フェイスブックのメッセンジャー(Messenger)やワッツアップ(Whatsapp)、専用アプリ(未提供)などを通じて使えるようになる。フェイスブックは、銀行口座を持っていない世界中の17億人に金融サービスを提供するという非常に高尚な目標を掲げる。リブラはスマートフォンを持っている人ならほぼ誰でも、テキスト・メッセージのように簡単に「低料金もしくは無料」で送金できるという。詳細は、フェイスブックが18日に発表したホワイト・ペーパーに記されている。

リブラはスイスを拠点とする同名の非営利財団によって運営される。フェイスブックは新たに子会社「カリブラ(Calibra)」を設立し、同財団に参加するほか、ウーバー(Uber)、ビザ(Visa)、スポティファイ(Spotify)、ボーダフォン、マスターカード、非営利団体「女性の世界銀行(Women’s World Banking)」など27の組織が支援を表明している。各パートナーは、少なくとも1000万ドルを投資することに同意している。

リブラは暗号通貨なのだろうか? フェイスブックは、「ブロックチェーン・テクノロジーを原動力とした新しい国際通貨」と称している。しかし、信用のある一部のメンバーだけがトランザクションを処理できる仕組みであり、厳密に非中央集権化されるわけではない。だから純粋なビットコイン論者は、おそらくリブラを真の暗号通貨だとは考えないだろう。リブラ創始者の1人であるデビット・マークスはツイッターで、リブラは3つの要素から成ると述べた。ブロックチェーン、実在する資産による価値の裏付け、「ムーブ(Move)」という新しいプログラミング言語だ。しかし実際は、ペイパル(PayPal)のややハイテク版といったところだろうか。

フェイスブックがリブラでどのように収益を上げるつもりかは定かではないが、幸いなことにリブラのデータに基づくターゲティング広告は販売しないという。最大の疑問は、個人データの扱いをめぐって無謀なふるまいを繰り返してきたフェイスブックに、人々が苦労して稼いだお金を信頼して任せるかどうかだ。

閉じる シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.06.19, 6:57
1日前
Soaring temperatures will substantially raise the risks of armed conflict「気候変動で武力紛争リスクは確実に高まる」専門家ら11人が見解

ネイチャー誌に掲載された新たな分析によると、気候変動はこれまで武力紛争の要因としては比較的小さな役割でしかなかった。しかし、仮に気温が産業革命以前の水準を2〜4℃上回ると、地球温暖化によって世界中で暴力が大幅に増加する可能性があるという。

続きを読む

ネイチャー誌に掲載された新たな分析によると、気候変動はこれまで武力紛争の要因としては比較的小さな役割しか持っていなかった。だが、仮に気温が産業革命以前の水準を2〜4℃上回ると、地球温暖化によって世界中で暴力行為が大幅に増加する可能性があるという。

6月12日に発表された論文は、スタンフォード大学、エクセター大学、オスロ国際平和研究所などに所属する、気候および紛争分野の高被引用論文著者11人による評価をまとめたものだ。

専門家の平均推定値によると、気候条件の変化は武力紛争が起きるリスクを「実質的に増加」させるという。気候が紛争に与える影響は、過去1世紀の事例ではおよそ5%にすぎなかった。最近まで、武力紛争を高めるリスクとしては、より深刻な貧困、社会階層間の不平等、そして近年起きた暴力的紛争の歴史などがはるかに強い影響力を持っていた。

だが、今回の分析によって、気温が2℃上昇すれば、武力紛争のリスクは13%増加すると示された。仮に気温が4℃上昇すればリスクは26%に高まる。地球の表面温度は産業革命前と比較してすでに1℃近く上昇しており、現在のエネルギー使用と排出量の成長曲線に基づくと、気温上昇が2℃に達するのは確実だ。

気温の上昇や干ばつ、洪水といった気候の影響はすべて、経済的打撃を引き起こす可能性がある。こうした経済的打撃によって今度は、貧困が増え、社会階層間の不平等や緊張が高まり、暴力行為を引き起こす要因が悪化していく。

専門家らは農業保険や生産研修、食料貯蔵の改善、紛争調停、平和維持活動や紛争後の復興への投資によって、気候変動による紛争のリスクを減らせるとの見方で一致した。しかし、気温が上昇するにつれて、こうした活動によるリスクの低下が効かなくなる可能性も、研究者らは指摘している。

閉じる ジェームス・テンプル [James Temple] 2019.06.19, 6:32
1日前
The US says it has inserted offensive malware into Russia’s power grid米サイバー軍、ロシアの電力網にマルウェアを仕込む

米サイバー軍はこれまで攻撃よりも偵察に焦点をおいてきたが、今回は一歩踏み込んだ対応をとることになった。

続きを読む

米サイバー軍はこれまで攻撃よりも偵察に焦点をおいてきたが、一歩踏み込んだ対応を取ることになった。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、米国はロシア政府によるハッキングや虚偽情報発信への対抗策の一環として、ロシアの送電網をはじめとする複数の標的にマルウェアを仕込んだという。この事実が発覚するわずか3日前には、ロシアに関連のあるゼノタイム(Xenotime)と呼ばれるハッカー集団が、米国の電力会社に対する攻撃の下準備を始めたというニュースが報じられたばかりだった。

当然ながら、内容の機密性から詳細はほとんど明かされていない。だが、この作戦は米国防総省の米国サイバー軍が主導している。昨年の夏に成立した新しい法律では、攻撃に対する「抑止、予防、または防御」を目的として、サイバー空間における「秘密裏の軍事活動」を認めている。

今回の暴露が今後ロシアからのサイバー攻撃の抑止力になることを米国は望んでいる。だが、この動きが、逆に火に油を注いでしまう可能性もある。

閉じる シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.06.19, 6:07
1日前
The drone can fly in fire with 300 degrees Celsius火災現場でも近距離撮影、300℃の耐火型ドローン

人間には難しい場所にも空から近づけるのは、ドローンの大きな魅力だ。その活躍が期待される場所の1つが、災害現場だろう。消防庁は、消防防災分野におけるドローンの活用に積極的に取り組む姿勢を見せている。

続きを読む

人間には難しい場所にも空から近づけるのは、ドローンの大きな魅力だ。その活躍が期待される場所の1つが、災害現場だろう。消防庁は、消防防災分野におけるドローンの活用に積極的に取り組む姿勢を見せている。

火災現場でのドローン活用を考えるときの課題の1つが、機体の耐火性能だ。一般的なドローンは約40℃前後の熱でコントロールを失うため、火災現場では上空50m前後からの遠距離空撮が限界とされてきた。

産業用ドローンの開発・製造を手がけるエンルートは、マグネシウムやチタンなどの金属を使用して耐熱塗装を施すことで、300℃の高温環境下でも1分間の連続運用が可能なドローンを開発した。火元の上空5mから10mまでの近距離空撮を実現する。熱源をより詳細に把握するために赤外線カメラを追加搭載することもでき、煙などで遠方から目視できない現場でも自律航行によって撮影を続行するという。

300℃という耐火性能は、防火服の耐火性能(260℃)を参考に設定されている。具体的な用途として、はしご車が侵入困難な狭い道路などにおける資機材の配置確認、ビルや工場内での要救助者の救出ルート確認、延焼状況の把握、消火活動後の再燃防止が検討されている。エンルートは消防機関を中心に2019年10月から受注販売を始める予定だという。

閉じる 元田光一 [Koichi Motoda] 2019.06.19, 5:42
企画・研究のアイデアに、
世界最先端のテクノロジー情報を。
MITテクノロジーレビュー「Insider Online」なら、トップ研究者や起業家へのインタビュー、テクノロジー動向の解説記事など、1,500本以上のコンテンツが読み放題。最新のエマージングテクノロジーを誰よりも早く、深く理解し、事業や研究に活用できます。 購読プランを見る
2日前
AI can tell when actors are kissing—and maybe when you are, tooネトフリ研究者が作った「キスシーン検出」AIの恐ろしさ

映像での物体認識は急速に発達しているものの、場面検知、すなわち実際に画面上で何が起こっているのかを認識する技術は遅れをとっている。だが、映像の中での行動を分析、認識できれば、映像編集のようなアプリに役立つかもしれない。

続きを読む

映像での物体認識は急速に発達しているものの、場面検知、すなわち実際に画面上で何が起こっているのかを認識する技術は遅れをとっている。だが、映像の中での行動を分析、認識できれば、映像編集のようなアプリに役立つかもしれない。

そこで、当時スタンフォード大学の学生で、現在はネットフリックスの上級データ科学者であるアミール・ジアイは、その最先端技術の発展に着手することにした。具体的には、ハリウッド映画のキスシーンを検知するというものだ。随分とお気楽で馬鹿げているように思えるかもしれないこの研究が、実は重要な意味を持っている。

ジアイは、100本の映画から部分的に選択した映像を、10秒から20秒の長さでさまざまなキスシーンとそれ以外のシーンとに分類。その後、各シーンの画像と音声を秒単位で抽出し、それらを利用して機械学習アルゴリズムを訓練した。その結果得られたモデルは、映像中のキスシーンの秒数を高精度で認識し、それらを分類できるものだった。

この研究は、特定の、ひいては親密な行動さえも分析する手法が、どれほど急速に進歩しているのかを示している。監視カメラの映像と組み合わせれば、たちまちオーウェルの小説さながらの意味合いを持つことになるだろう。事実、新たな報告によれば、アメリカ自由人権協会(ACLU)は、将来的にカメラの所有者が異常な行動をすばやく特定したり、恥ずかしい瞬間を探し出したりする可能性があると警告している。ディープフェイクと同様に、これもまたテクノロジストたちが自分たちの研究が招く結果について考えるべき事例なのだ。

閉じる カーレン・ハオ [Karen Hao] 2019.06.18, 6:55
2日前
Adobe’s new AI tool can spot when a face has been Photoshopped「フォトショ顔」見破ります——アドビがAIツールを開発中

アドビとカリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、フォトショップで加工した人の顔の写真を、機械学習を使って見分けるツールを開発した。人間に比べて2倍近い正確さで加工された画像を割り出せるという。

続きを読む

アドビとカリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、フォトショップで加工した人の顔の写真を、機械学習を使って見分けるツールを開発した。人間に比べて2倍近い正確さで加工された画像を割り出せるという。

この深層学習ツールは、インターネット上で収集した何千枚もの画像を使って訓練された。一連の実験では、修正された顔の写真を人間が53%の成功率で見分けられたのに対し、このツールは99%正しく見分けられたとしている。

偽造された画像やディープフェイク動画の蔓延に対する懸念が高まっている。だが、機械学習は偽造を作成するだけでなく、 見破るのに役立つ武器になり得る。

自社製品が画像の加工に使われているのであれば、アドビがこの問題に対処しようとしているところを見せたいと考えるのはもっともだ。欠点は、今回のツールが、フォトショップの「ゆがみ(Face Aware Liquify)」ツールで目や口などのパーツに手を加えた画像にしか力を発揮しない点である。

このツールはまだ試作品だ。アドビはさらに研究を進めて、同社製品の悪用を見分けられるようにすることで、悪用を全面的に阻止するツールを提供していく計画だという。

閉じる シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.06.18, 6:49
3日前
Facebook has built stunning virtual spaces for its AI programs to exploreフェイスブックが超リアルなバーチャル空間を構築、AI学習向け

フェイスブックの研究チームが、住居やオフィスを模した非常にリアルなバーチャル空間の数々を作り出した。同社の人工知能(AI)アルゴリズムが、実世界がどのように動くものなのかを学ぶためのものだ。

続きを読む

フェイスブックの研究チームが、住居やオフィスを模した非常にリアルなバーチャル空間の数々を作り出した。同社の人工知能(AI)アルゴリズムが、実世界がどのように動くものなのかを学ぶためのものだ。

フェイスブックの研究センターである「リアリティ・ラボ」の研究チームは、「レプリカ(Replica)」と呼ばれるプログラムを使って18個の「サンプル空間」を作り出した。その狙いは、探索と練習を通じて、AIエージェントに実世界の物体について学ばせることだ。理論的には、これによってチャットボットやロボットをより賢くでき、実質現実(VR)をより強力な方法で操作できるようになる。しかし、成果を実世界に移転するには、使用するバーチャル空間が本物そっくりでなければならない。

 

今回のサンプル空間の環境は、高画質3Dカメラ装置を使って、実際のオフィスや住居をマッピングして作られた。研究チームはまた、光の反射を処理できる新しいソフトウェアを開発した。スキャンをするシステムは、光の反射によって混乱に陥りやすいからだ。一般のシミュレーション・エンジンが毎秒50コマから100コマを処理するのに対し、フェイスブックの「AIハビタット(AI Habitat)」は毎秒1万コマ以上を処理できるという。これにより、AIエージェントを迅速にテストできるようになる。

こうしたバーチャル空間をAIハビタットのシミュレーション環境に読み込むことで、AIプログラムが同空間内で探索と学習を実行できるようになる。アルゴリズムはまず、さまざまな設定の中で物体を認識する訓練を受ける。だが、時を重ねるにつれ、アルゴリズムは物質世界における慣習について、常識的判断の理解を深めていくはずだ。たとえば、テーブルは通常、他のものを支えるという事実がそれに当たる。

常識的判断の欠如は、現在のAIシステムにとって明白な問題となっている。チャットボットやロボットは人間とは違い、曖昧な指令の意図を理解する上で、実世界に関する知識(物理学、論理、社会規範など)に頼れない。言語は複雑かつ曖昧であるため、こうした状況は非常によく起こりがちだ。

閉じる ウィル ナイト [Will Knight] 2019.06.17, 6:50
4日前
The UK plans to cut greenhouse-gas emissions to net zero by 2050英国、2050年までに温室効果ガスの排出量を正味ゼロに

あらゆる経済大国が設定してきた「温室効果ガス排出量削減」目標の中で、英国の目標はもっとも野心的なものだ。

続きを読む

あらゆる経済大国が設定してきた「温室効果ガス排出量削減」目標の中で、英国の目標はもっとも野心的なものだ。

英国政府は、2050年までに温室効果ガスの排出量を「正味ゼロ」に削減するという新たな目標を設定した。正味ゼロとは、炭素除去や排出権の購入などによって排出量を相殺することを意味している。英国はすでに2008年に制定した法律によって、2050年までに排出量の80%削減を計画している。だが、より野心的な目標を反映するためにこの法律は改正されるだろう。もっと野心的な国もある。たとえば、フィンランドは正味ゼロを達成する目標を2035年に設定し、ノルウェーは2030年までの正味ゼロを目指している。

目標達成は簡単なことではない。すでに英国は以前設定した、より低い目標を達成する道筋からも外れてしまっていたのだ。新たな目標は、英国経済の広範かつ大規模な変化とEU離脱(Brexit)危機の真っただ中にいる、政治家らによる多大な努力を必要とするだろう。

必要な変化について知りたければ、英国の気候変動委員会による最近の報告書を参照するといい。報告書では、ガソリン車とディーゼル車の新車販売を2035年までに段階的に廃止し、家庭では天然ガスから低炭素な代替燃料への切り替えを提言している

野心的であるにもかかわらず、この計画が十分ではないと考える人も多い。気候活動家団体の「エクスティンクション・レベリオン(Extinction Rebellion)」は、事態を改善するには2050年では遅すぎると話している。グリーンピースは計画の意図は称賛したものの、「国際的な炭素排出権取引を通じて発展途上国に負担を押し付けようとすれば、計画の責任を根底から覆すものだ」とガーディアン紙にコメントしている。

世界の温室効果ガス排出量の1.2%を占める英国は、世界の排出量の合計40%を占める中国と米国からすると少なく見える。産業革命前比1.5℃以上の平均気温上昇を防げるという希望がわずかでもあるなら、中国と米国は排出量を劇的に削減するために最大限の努力が必要になるだろう。

閉じる シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.06.16, 10:55
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る