KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

今日 科学と工学における米国の優位性に陰り? 中国が論文数で抜く
China Publishes More Scientific Articles Than the U.S.科学と工学における米国の優位性に陰り? 中国が論文数で抜く

世界の科学と工学の能力についての新しい分析によると、米国は競争力を増した中国に打ち勝つのに悪戦苦闘している。

続きを読む

世界の科学と工学の能力についての新しい分析によると、米国は競争力を増した中国に打ち勝つのに悪戦苦闘している。

米国国立科学財団の報告によると、2016年に中国の研究者が発表した研究論文は42万6000本以上に及ぶが、米国は約40万9000本にとどまった。これらの論文の引用回数を調べると、論文が科学界に及ぼした影響の大きさを測ることができる。引用回数で見ると、米国が3位で中国は5位なので、米国に軍配があがる(ちなみにトップ2はスウェーデンとスイスである)。

しかしながら米国には、ほかに強みがある。報告は、世界各国と比べると米国は、最も研究開発に投資し、最もベンチャー・キャピタルを引き付け、上級学位を最も授与していると言及している。

総括としてマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究部門副学長のマリア・ズーバーは、米国の優位性は「米国にとって重要ないくつかの領域で低下しつつある」と述べる。ズーバー副学長は、こうした傾向は「経済と労働力への影響についての懸念を提起し、国家の安全保障に影響を及ぼす」と付け加えている。

閉じる ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.01.22, 6:55
企画・研究のアイデアに、
世界最先端のテクノロジー情報を。
MITテクノロジーレビュー「Insider Online」なら、トップ研究者や起業家へのインタビュー、テクノロジー動向の解説記事など、1,500本以上のコンテンツが読み放題。最新のエマージングテクノロジーを誰よりも早く、深く理解し、事業や研究に活用できます。 購読プランを見る
今日 光害が及ぼす生態系への影響、LED照明の改良を
Artificial Lighting Is Hurting Ecosystems, and Tech Tweaks Can Fix It光害が及ぼす生態系への影響、LED照明の改良を

自然界における光害の真の影響が明らかになりつつある。それは同時に、この影響を打ち消すために照明を改良することも可能になるということでもある。

続きを読む

自然界における光害の真の影響が明らかになりつつある。それは同時に、この影響を打ち消すために照明を改良することも可能になるということでもある。

世界は現在、目もくらむばかりに、とんでもなく明るく照らされている。夜間、地球の陸地の10%以上が人工光を浴びている。地上から人工光を大気が散乱して夜空が明るくなるのを含めると、人工光の影響が及ぶ領域は倍以上にもなる。

ネイチャー(Nature)の記事によれば、多くの新しい研究により、人工光が自然界のリズムをかき乱していることが確認されているという。野生動物の健康を脅かし、草原の生態系の活力を変化させている。例えば、授粉がゆがめられて植物の実りが減少したりしている。

こうした多くの影響は、動植物に影響を与える特定の波長帯の光によってもたらされており、技術によって解決できる。さらなる悪影響が出る前に、人気の高まっている発光ダイオード(LED)が、個々の生態系に影響を及ぼす周波数帯の光を放射しないように改良すべきだろう。

 

閉じる
  • 参照元: Nature
  • 画像クレジット: Ashim D’Silva | Unsplash
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.01.22, 5:22
3日前 X線画像から異常を発見、深層学習が一部で医師を上回る結果に
AI Is Continuing Its Assault on RadiologistsX線画像から異常を発見、深層学習が一部で医師を上回る結果に

畳み込みニューラルネットワーク(CNN: convolutional neural network)を使えば、体のいくつかの部位においては、放射線科医よりも正確にX線画像から異常を発見できることが示された。

続きを読む

畳み込みニューラルネットワーク(CNN: convolutional neural network)を使えば、体のいくつかの部位においては、放射線科医よりも正確にX線画像から異常を発見できることが示された。

スタンフォード大学の研究チームは、1万4982件の研究における4万895枚の筋骨格のX線画像データセットを用いて、畳み込みニューラルネットワークを訓練した。同研究チームの論文によると、訓練後の畳み込みニューラルネットワークは、放射線科医よりも正確に、指と手首のX線画像から骨折や骨変性などの異常を検出できたという。だが、肘、前腕、手、上腕、肩の異常を見つける能力は、依然として放射線科医の方が上だった。

放射線科医は絶えず人工知能(AI)から戦いを挑まれており、今回ほど良い結果にならないことも多い。著名なAIの研究者であるジェフリー・ヒントン博士はニューヨーカー誌に対して以前、AIの進化を考慮すれば、医学部は「今すぐ放射線科医の養成を止めるべきだ」と述べた。

 

閉じる
  • 参照元:
  • 画像クレジット: Harlie Raethel | Unsplash
jackie.snow [Jackie Snow] 2018.01.19, 13:42
3日前 天然物の微細構造を再現する3Dプリンター、ハーバード大が開発
New “Rotational” 3-D Printing Gives Objects Impressive Strength天然物の微細構造を再現する3Dプリンター、ハーバード大が開発

ハーバード大学の研究チームは、3Dプリントする材料を精密に制御できる「回転3Dプリンティング」と呼ぶ新しい手法を開発した。

続きを読む

ハーバード大学の研究チームは、3Dプリントする材料を精密に制御できる「回転3Dプリンティング」と呼ぶ新しい手法を開発した。

骨や木材のような複雑な微細構造を持つ天然物は、強度や損傷に対する耐性を備えている。しかしそうした微細構造を人工的に再現するのは困難であり、天然物が備える強度や耐性を人工の材料で実現することは難しい課題となっている。

今回ハーバード大学の研究チームが開発した3Dプリンターは、ノズルの位置、回転、速度を精密に変化させることにより、マイクロファイバーから物体を作り上げることができる。

マイクロファイバーをどのように配置するかを制御することにより、最終製品の強度を向上させられる。さらに、物体中でファイバーの構造をいろいろに変えることで、たとえば、ある部分にはより優れた耐久性を、別の部分には柔軟性を与えることができる。研究者によると、今回の3Dプリンターのノズルのコンセプトは、押出成形による3Dプリンティングで扱えるどんな材料に対しても使えるという。

閉じる erin.winick [Erin Winick] 2018.01.19, 13:20
4日前 スマート体温計、インフルエンザの流行をリアルタイムで追跡
Smart Thermometers Provide a Real-Time View of Spreading Flu Outbreaksスマート体温計、インフルエンザの流行をリアルタイムで追跡

テクノロジーに詳しい「健康意識高い系」の人々が、今年のインフルエンザの傾向について興味深い洞察を与えている。

続きを読む

テクノロジーに詳しい「健康意識高い系」の人々が、今年のインフルエンザの傾向について興味深い洞察を与えている。

ニューヨーク・タイムズ紙の報道によると、スマホと連携するキンサ(Kinsa)のデジタル体温計は米国の家庭50万世帯で使われており、毎日2万5000件のデータを生み出しているという。これらのデータからキンサは、この冬のインフルエンザはミズーリ州とアイオワ州で猛威を振るっており、ニューヨーク州やニューイングランド州では例年よりも軽いことが分かるという。

米国疾病予防管理センター(CDC)の公式の発表は、インフルエンザは単に「広範囲に広がっている」というものだ。CDCがデータを手に入れるには医療機関からの報告が必要なため(しかも報告されないこともある)、集計には時間がかかる。キンサのデータが正しいかどうかは、時間が経てばわかりそうだ。

インフルエンザを追跡するテクノロジーは、これが初めてではない。インフルエンザの追跡はグーグルツイッター、それにウィキペディアの情報を通じて、以前から行われている。しかし、それらは単に普通の風邪をひいた人からのノイズデータも含まれるという弱点がある。

閉じる
  • 参照元: NYTCDC
  • 画像クレジット: Kinsa
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.01.18, 17:05
4日前 ビットコインが一時1万ドル割れ、規制強化への不安が原因か
Cryptocurrencies Plummeted Amid Talk of Clampdowns—But We Don’t Really Know Whyビットコインが一時1万ドル割れ、規制強化への不安が原因か

ビットコインや他の競合するデジタル通貨が下落している。しかし、正確な理由は誰にもわかっていない。

続きを読む

ビットコインや他の競合するデジタル通貨が下落している。しかし、正確な理由は誰にもわかっていない。

この記事を執筆している時点で、ビットコインの価格はこの24時間で20%以上も下がり、9500ドル前後を推移している(日本語版注:ブルームバーグ日本語版の記事によると、日本時間18日午前5時44分時点で1万780ドルに回復した)。ビットコインは2017年12月には1万9000ドルを超える高値をつけていた。実際、ほとんどすべての暗号通貨は、この直近の暴落で著しく価値を失ってしまった。

下落の理由を推測してみよう。韓国は現在、暗号通貨取引の禁止を検討しており、中国もビットコインの採掘(マイニング)を厳しく取り締まることを計画している。今後予期される両国の動きは、デジタル通貨業界に不安をもたらしている。市場に国際的な規制を課する協議さえされている。

しかし実のところ、なぜ暴落が起こったか。多くの人が買う以上に売っているという事実以上に確かなことを言うのは難しい。

閉じる
  • 参照元: Bloombeg
  • 画像クレジット:
マイク オルカット [Mike Orcutt] 2018.01.18, 11:28
企画・研究のアイデアに、
世界最先端のテクノロジー情報を。
MITテクノロジーレビュー「Insider Online」なら、トップ研究者や起業家へのインタビュー、テクノロジー動向の解説記事など、1,500本以上のコンテンツが読み放題。最新のエマージングテクノロジーを誰よりも早く、深く理解し、事業や研究に活用できます。 購読プランを見る
4日前 デトロイトモーターショーで見えた、自律自動車の遠い道のり
At the Detroit Auto Show, the Autonomous Car Dream Is Still a Way Offデトロイトモーターショーで見えた、自律自動車の遠い道のり

先週のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)は無人乗用車の将来構想が売り物だった。しかし、今週の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)ではそうでもないようだ。

続きを読む

先週のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)は無人乗用車の将来構想が売り物だった。しかし、今週の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)ではそうでもないようだ。

バージ(Verge)は、CESで自律自動車が大々的に宣伝されたのは、研究開発に必要な一般の支持を獲得するための策略だと論じている。同記事の指摘によると、一般の消費者は自動運転車をさほど考えておらず、考えていても購入はあまり検討していないというサーベイ調査の結果が出ているという。

その一方で、今週のデトロイトモーターショーでは、別のトレンドとして、自動車の電動化が非常に関心を集めている米国人が好んで購入する大型トラックも同様だ。自律化はそれほどでもない。何しろ、いまだに多数のハンドルが展示されているくらいだ。

これらが意味するのは大げさに宣伝されてはいるものの、自律自動車は依然として実験段階にあるということだ。実証実験も実施されているが、無人乗用車がモーターショーを席巻するのも何年も先のことになるだろう。大半の自動車メーカーが実際に無人乗用車を販売できるようになるまでに、まだ何年もかかるからだ。

閉じる
  • 参照元: VergeBBC
  • 画像クレジット: North American International Auto Show
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.01.18, 11:20
5日前 自動車メーカーがEVシフトを加速、総額900億ドル投資へ
$90 Billion Says Electric Cars Are the Future自動車メーカーがEVシフトを加速、総額900億ドル投資へ

今週から開催されている北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)の一番の関心は、電気自動車だ。

続きを読む

今週から開催されている北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)の一番の関心は、電気自動車だ。

自動車メーカー各社は莫大な金額を電気自動車につぎ込んでいる。BBCの報道によると、フォード・モーターは2022年までにハイブリッド車と完全電気自動車合わせて40車種揃えをするために、110億ドルを投資するという。ビル・フォード会長は電動化に全力を入れるとしている。

世界的なトレンドをロイター通信はこう予測する。自動車メーカーは現在、電気自動車の開発に少なくとも全世界で計900億ドルを投資しており、そのうち190億ドルは米国企業によるものだ。電気自動車への投資の大半はまず中国に向かうだろう。中国では2019年に、生産・輸入する自動車のうちの電気自動車の割り当てが大幅に引き上げられるからだ。

問題はそれが顧客に受け入れられるかどうかだ。フォード会長は「顧客は受け入れてくれるだろうと考えている」という。

しかしブルームバーグは、他の障壁も克服しなくてはならないだろうと記している。電気自動車に関する予測は、バッテリーに使うコバルトの価格を吊り上げている。コバルトの価格はたった1年で倍以上になっているのだ。

閉じる ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.01.17, 17:35
5日前 世界最大の海運会社がブロックチェーンによる輸送管理を計画中
The World’s Biggest Shipping Firm Plans to Track the Planet’s Containers On a Blockchain世界最大の海運会社がブロックチェーンによる輸送管理を計画中

数百万個もの輸送コンテナを追跡・管理するのは大変な仕事だ。世界最大の海運会社であるA.P.モラー・マースクとIBMは、輸送プロセスの効率化と数十億ドルの経費削減効果を見込んだブロックチェーンの開発に取り組んでいる。

続きを読む

数百万個もの輸送コンテナを追跡・管理するのは大変な仕事だ。世界最大の海運会社であるA.P.モラー・マースクとIBMは、輸送プロセスの効率化と数十億ドルの経費削減効果を見込んだブロックチェーンの開発に取り組んでいる。

国際輸送には多数の事業者が関わり、何百件もの業務連絡が交わされる。マースクによれば、貨物の流れを把握しておくための経費は、コンテナ輸送コストの20%を占めることもあるという。また、2017年に発生した同社に対するサイバー攻撃によって、ハッキングに対する現行システムの脆弱性が明らかになった。

マースクとIBMの言い分はこうだ。ブロックチェーンに基づくプラットフォームを利用することで、誰がいつ貨物を取り扱ったか、確実で信頼のおける記録を得られる。これによってすべての情報をより効率的に管理できるようになるというわけだ。

だが課題はある。テクノロジーがうまくいったとしても、全ての関係事業者が参加しない限り、計画は成功しないだろう。マースクがロイター通信に語ったところによると、米国、シンガポール、オランダ、中国広東省の関税局と港湾局のほか、「いくつかの海運会社」がこの計画に興味を示しているという。実現までの道のりは遠そうだ。


【お知らせ】海外の事例動向からブロックチェーン活用の可能性がわかるeムックを公開中。詳しくはこちらから。

閉じる
  • 参照元: Reuters
  • 画像クレジット: Bernard Spragg. NZ | Flickr
マイク オルカット [Mike Orcutt] 2018.01.17, 11:58
5日前 終わらないスペクター/メルトダウン問題、産業機械で被害の恐れ
The Clock Is Ticking for Chip Flaw Fixes to Start Working終わらないスペクター/メルトダウン問題、産業機械で被害の恐れ

広範に影響が及ぶ「メルトダウン(Meltdown)」と「スペクター(Spectre)」のチップ欠陥の修正はうまくいっておらず、まもなくハッカーによる被害が出るかもしれない。

続きを読む

広範に影響が及ぶ「メルトダウン(Meltdown)」と「スペクター(Spectre)」のチップ欠陥の修正はうまくいっておらず、まもなくハッカーによる被害が出るかもしれない。

レジスター(Register)の報道によると、今回の欠陥を修正するソフトウェア・パッチのせいで産業機械の制御システムのいくつかが不安定な状態になっているという。インテルはまた、今回の修正はいくつかのチップでリブートを引き起こすと警告している

しっかりした修正をするのが遅れるほど、犯罪者が今回の欠陥を利用してハッキングをする可能性は高くなっていく。何人かのセキュリティ研究者はすでに、今回のチップの脆弱性は攻撃に利用できると伝えている。ハッカーはすぐそこまで来ているのだ。

たとえ必要な修正ができたとしても、チップ業界の専門家は、メルトダウンのような欠陥がほかにもあるのではないかと恐れている。「おそらく今回の欠陥のように、ずっと安全だと思われていた欠陥はほかにもあるだろう」と、チップメーカーであるアーム(ARM)のサイモン・セガーズCEO(最高経営責任者)はCNETに語った

 

閉じる ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.01.17, 11:17
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント