KADOKAWA Technology Review
×
【8/15締切】来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

インテル、チップ欠陥を米政府よりも先に中国企業に連絡していた
stratman² | Flickr
Intel told Chinese firms about its chip flaws before US officials

インテル、チップ欠陥を米政府よりも先に中国企業に連絡していた

世界最大のチップメーカーは、最近見つかったチップの欠陥、メルトダウン(Meltdown)とスペクター(Spectre)を公表した際に、国家安全保障を危険にさらした可能性がある。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、インテルは、市場に普及しているチップの欠陥について、米国政府に報告する前に数社のテック企業に伝えたという。欠陥を伝えた企業には、マイクロソフト、アマゾン、アーム(ARM)だけでなく、中国企業のレノボとアリババも含まれる。

なぜ問題になるのだろうか? 中国の企業がチップの欠陥について知れば、それはほぼ間違いなく中国政府の知るところになる。すると、この情報を使って何かがなされるのではないか、という安全保障の懸念につながるのだ。今のところ、悪用された証拠はないが。

チップの欠陥は修正されておらず、依然として大きな問題だ。マイクロソフトは最近になって、スペクターに対する修正ソフトを封印した。修正ソフトを適用すると、コンピューターの動作が不安定になるからだ。時間は押し迫っている。メーカー側が対応できずにいる間に、ハッカーたちはこれらの欠陥を利用する方法を開発するだろう

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.01.30, 10:10
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
購読キャンペーン実施中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る