KADOKAWA Technology Review
×
R.I.P., Google Cardboard

さよなら、ありがとう、
グーグル・カードボード

グーグルの新型携帯電話「ピクセル」とVRゴーグル「デイドリーム・ビュー」の組み合わせが、VR体験を身近にする。 by Signe Brewster2016.10.05

グーグルが10月4日に披露したVRゴーグル「デイドリーム・ビュー」(79ドル)は、他の製品とはっきり違う印象のある製品だ。

デイドリーム・ビューの基本設計は、他の多くのモバイル向けVRゴーグルと同じ。前面を開いてスマホ(グーグルの新型携帯電話「ピクセル」等、Android陣営から登場するデイドリーム対応スマホが使える)を取り付け、ベルトでゴーグルを頭に装着し、スマホを2つのレンズを通して覗きこむと、360度のパノラマ画面を体験できる。

他の製品と異なるのは、衣服に使われるような素材で作られており。プラスチックやスポンジ製の競合製品とは造りがかなり違う。ゴーグルには手のひらサイズのリモコンが付属しており、クリック可能なタッチパッドと2つのボタンが付いている。動かしたり狙ったり振ったりする動きでゴーグルを操作し、映像にも反映される使い方ができる。サムスンのGear VRゴーグルが採用した側面をタップする方法は、けっして快適ではなく直感的にも感じられなかった。また、グーグル・カードボードにはひとつしかボタンがなく、できることが限られてしまう。デイドリーム・ビューなら、ゲームをしたりゴーグルのユーザーインターフェイスをスクロールしたりするのがずっと簡単だ。

Google worked with clothing designers to create the Daydream View.
グーグルは服飾デザイナーと共同でデイドリーム・ビューを開発した

デイドリーム・ビューの競合製品のもうひとつの違いは、取り付けるスマホとソフトウェアにある。

スマホの黎明期、アップルのiPhoneの美しいデザインと、よくまとまったソフトウェア、アップストアのユーザー体験は、多くのイノベーションを起こす背景になった。グーグルの新スマホ「ピクセル」は次の段階の到来を告げる製品だ。

スマホは我々の生活で最も重要な部分を占めているが、グーグルが考え直したのは、ユーザーが使う他のテクノロジーの中に、スマホをどう位置づけるかだ。ピクセルのエントリーモデルの価格は649ドルだが、中心に据えられているバーチャル・アシスタントは、ディナーの予約や映画の上映時間の調査、レストランから映画館までの距離を算出できる。ボットがユーザーのアプリ全ての知能を集め、1カ所で利用できるようにする(「Siriとアレクサを倒す グーグルの強みは検索」を参照)。

「人工知能(AI)はVRに大変革をもたらすかもしれません。いちいちアプリを立ち上げなくて済むので、質問したらすぐに答えが得られる体験は、没入感が高く、まるで実体験のような感じを受けるからです」というのは、デザインコンサルタント会社アーティファクトのジョン・マン役員(UXデザイン担当)だ。

デイドリーム・ビューやピクセルと並んで、グーグルは新しいクロム・キャスト(スティック型インターネット放送機器)とグーグル・ホーム(アマゾン・エコーに似た据置型のアシスタント・デバイス)を発表した。全体がひとつの大きなエコシステムで、ユーザーの状況に最も合った画面に切り替えて使うことを想定している。もはやVRゴーグルは暇なときに手に取っていじり回す目新しいアクセサリーではない。これこそグーグルの新ラインナップの主役なのだ。

ではカードボードはどうなってしまうのか? 低コストVRゴーグルが消えることはないだろう。VRはまだ米国の各家庭に足場を築いてはいないから、ニューヨーク・タイムズ紙のような会社が何千、何万台の安いゴーグルを売りさばくための役には立つ。だがデイドリーム・ビューをピクセルなどデイドリーム対応スマホと組み合わせるのはとても簡単なので、ついにカードボードは主役の座を降りて、どうでもよい製品へと転落するのだ。

shutterstock_454968127
グーグル・カードボード(2014年発表、2016年退役)
人気の記事ランキング
  1. Astronomers found a giant intergalactic “wall” of galaxies hiding in plain sight 天文学者らが銀河の「壁」を発見、地球から5億光年
  2. Immunity to covid-19 could disappear in months, a new study suggests 新型コロナの免疫は数カ月で消滅か、ロンドン大新研究
  3. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  4. If the coronavirus is really airborne, we might be fighting it the wrong way 新型コロナ、空気感染なら対策見直し必至  「換気」優先に
シグニー ブリュースター [Signe Brewster]米国版
シグニー・ブリュースターは科学とテクノロジーのライター。特に注目しているのは、たとえば実質現実やドローン、3Dプリントなど、芽生えたばかりのテクノロジーが今後どうなるか、です。記事は、TechCrunch、Wired、Fortuneでも執筆しています。
10 Breakthrough Technologies 2020

気候変動から量子コンピューティング、人工衛星群まで。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界を変える10大テクノロジー。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Astronomers found a giant intergalactic “wall” of galaxies hiding in plain sight 天文学者らが銀河の「壁」を発見、地球から5億光年
  2. Immunity to covid-19 could disappear in months, a new study suggests 新型コロナの免疫は数カ月で消滅か、ロンドン大新研究
  3. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  4. If the coronavirus is really airborne, we might be fighting it the wrong way 新型コロナ、空気感染なら対策見直し必至  「換気」優先に
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る