ユビキタス

Fake iPhone Apps Are Another Sign of Apple’s Slipping Standards 偽造iPhoneアプリの公開を許したアップルの品質低下

かつて厳格な審査で評価されたアップストアが、今では違法アプリの温床になった。 by Jamie Condliffe2016.11.08

米国で始まったクリスマス商戦では、自分のiPhoneにどの買い物アプリをインストールするか注意したほうがよくなっている。最近、アップルのアップストアに偽の買い物アプリが審査を通過して登録されたことで、従来アップルが実現していた緻密なソフトウェア品質の維持ができなくなっていることが露呈したのだ。

ニューヨーク・タイムズ紙ニューヨーク・ポスト紙が、最近アップストアで数百の偽造買い物アプリが公開されていると報道した。多くのアプリは単に苛立たしい広告を表示して簡単に収入を得ようとするだけだが、中には正規の買い物アプリのように見せかけ、ユーザーにクレジットカード情報の提供を求めるアプリもある。最近数週間でフット・ロッカー(米国の靴の大手チェーン)からクリスチャン・ディオール等のブランドまでが、そうした詐欺行為の隠れ蓑として使われた。

以前のアップルはアプリに多くの承認手続きがあることを、アンドロイドがデペロッパーに「プレイストア」への即座アップロードを許可していることを差別化要因として掲げていた(グーグルは2015年から、より詳細なアプリ審査を始めた)。アップルは今もな …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。