1. 生命の再定義
    麻痺男性、
    10年振りに
    自分の手で食事
    交通事故で肩から下が麻痺した男性が、脳コンピューター・インターフェイスのおかげで10年振りに手を動かし、食事をしてコーヒーを飲んだ。画期的成果だが、まだゆっくりとしか動かせず、複雑な動きもできない。 Emily Mullin5年前
  2. 生命の再定義
    2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    麻痺の回復
    脳インプラントの活用は目覚ましい進歩を遂げつつあり、無線で神経信号を送信し、失聴、失明を回復させたり、脊髄損傷で失われた体を自由に動かしたりできるようになる。 Antonio Regalado5年前
  3. 生命の再定義
    心を読む機械で、全身不随状態の患者が「生きたい」と意思表明
    意識がないように見える全身麻痺患者との意思疎通に、脳コンピューター・インターフェイスの研究者が成功した。現段階では「はい・いいえ」形式だが、研究者は文字の選択により、文として応答できるようにしたいと考えている。 Emily Mullin6年前
  4. 生命の再定義
    脳内インプラントの無線制御で、下肢が麻痺したサルが歩けた
    脊髄損傷を電子機器で治療する第一歩。 Courtney Humphries6年前