ユビキタス

Data Scientists Chart the Tragic Rise of Selfie Deaths 人食いザメより危険な自撮り事故は、機械学習で防げるか?

自撮り中の死亡者が世界中で増えている。自撮り死しやすい場所の写真を機械学習させることで、自撮り死を警告するシステムが作れるかもしれない。 by Emerging Technology from the arXiv2016.11.16

「自撮り(セルフィー)」は、21世紀初頭にフロントカメラ搭載スマホが発売されて以来、大流行中だ。人気は爆発的で、昨年、Googleフォトにアップロードされた自撮りは240億枚に達した。

しかし、自撮りの流行には悲劇が伴う。2014年には自撮り中の15人が亡くなり、2015年には39人が亡くなった。今年8月までに、すでに73人が亡くなっており、自撮りにより死亡者はサメに襲われて亡くなる人よりも多い。

この傾向から興味深い疑問が浮かぶ。何が原因で自撮りが死を招くのか? 自撮りによる死亡事故は防げないのだろうか?

11月15日、この疑問に対して、ある種の回答が得られた。カーネギーメロン大学(米国ペンシルベニア州ピッツバーグ)のヘマンク・ランバ研究員のチームが、自撮りの性質を研究し、事故につながる自撮りを事前に警告する方法を発見する、難題に挑戦したおかげだ。

研究チームはまず、世界中の新聞記事を収集し、自撮り事故死のデータセットを作成した。「自撮り事故死」は「個人(または複数)が自撮りをしなければ避けられたはずの本人またはグループの死亡」と定義した。

記事の信頼性を確保するため、アレクサの世界ランキングトップ5000または国別トップ1000にランキングされたニュースサイトだけを検証対象にした。「私たちが収集できた最初の自撮り死亡事故の記事は2014年 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。