KADOKAWA Technology Review
×
「アレクサ、『声ゲー』って流行るの?」アマゾンが開発者ツール
Ms. Tech; AMazon
コネクティビティ 無料会員限定
Alexa, tell me about the rise of voice-powered gaming

「アレクサ、『声ゲー』って流行るの?」アマゾンが開発者ツール

音声アシスタント「アレクサ」で音声コマンドを使ってプレイするゲームが人気を集め始めている。アマゾンも音声ゲームクリエーター向けのツールを発表し、音声主導型ゲームに力を入れ始めた。 by Tanya Basu2019.07.30

深宇宙での船旅の途中、突如として冷凍睡眠から目覚めたあなたは、自分が乗っている宇宙船が何者かに襲撃を受けていることを知る——。そんな場面を想像してみてほしい。いまだに身体の一部が動かせない中で、自分と宇宙船の乗組員を救えるのはあなただけだ。あなたは自分の声だけを頼りに、宇宙船を安全な場所へと導かなければならない。

これが、音声主導型ゲームを開発しているポルトガル企業「ドッピオ(Doppio)」が今秋、アマゾンでリリースを予定しているゲーム「ヴォルテックス(Vortex)」のコンセプトだ。

7月22日から25日にかけて開催された「ボイスサミット(VOICE Summit)2019」で、アマゾンのアレクサ(Alexa)とエコー(Echo)のチーフ・エバンジェリストを務めるダン・イスビツキーは、音声主導型ゲームでストーリーを設定するクリエーター向けツール「スキルフロー(Skill Flow)」を発表した。アマゾンが音声主導型ゲームを推進するつもりなら、今回の発表だけで終わることはなさそうだ。

メールでの取材に答えたイスビツキーは、ゲームはいまやアレクサの人気アプリの1つであり、音声主導型ゲームは次の自然なステップだと述べた。アレクサ向けのゲームアプリは昨年、160%増加したとい、2018年以来、アレクサにゲームのプレイを求めるコマンドは数十億回入力されてきたという。

音声主導型ゲーム事業に乗り出すことは、従来型ビデオゲームのストリーミング向けに幅広い人気を誇るプラットフォーム「ツイッチ(Twitch)」を買収したアマゾンの動きとしては、やや奇妙に映るかもしれない。だがイスビツキーは、音声型ゲームは次の自然な一歩だという。

「音声を …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る