KADOKAWA Technology Review
×
限定クーポン利用で年額5000円OFF
キャンペーン実施中!
MITTR Emerging Technology Nite #14

MITTR主催「BATはポストGAFA時代を制するのか? 」のご案内

ここ数年で世界のイノベーションの中心地へと変貌を遂げている中国。中でも大きな存在感を示しているのが、BAT3社(バイドゥ、アリババ、テンセント)に代表される巨大テック企業だ。中国式イノベーションは今後どこへ向かうのか? MITテクノロジーレビューは8月27日、ジャーナリストの高口康太氏をお迎えし、「BATはポストGAFA時代を制するのか? ——「チャイナ・イノベーション」の現在を読み解く」を開催する。 by MIT Technology Review Event Producer2019.08.02

QR決済やシェアバイク、信用スコアなど、テクノロジーを活用した先進的なサービスが次々と登場し、急速に普及する中国。中国政府の政策的な後押しもあり、中国はここ数年で世界のイノベーションの中心地へと変貌を遂げています。中でも大きな存在感を示しているのが、BAT3社(バイドゥ、アリババ、テンセント)に代表される巨大テック企業です。

「ポストGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)」の呼び声も高いこれらの企業は政府の支援も受けながら、いまなお増殖を続けています。一方で、テクノロジーによる急激な変化は社会に歪みをもたらし、昨今ではイノベーションの弊害も指摘されるようになってきました。

中国式イノベーションは今後、どこへ向かうのか? 今回のEmerging Technology Niteは、『中国S級B級論 ―発展途上と最先端が混在する国』の著者であるジャーナリストの高口康太氏をお招きします。最前線で取材を続けるジャーナリストの視点で捉えた、中国のテクノロジー事情の現状をお話しいただくとともに、中国式イノベーションが与える世界的な影響をディスカッションしていきます。

■Emerging Technology Niteとは?
MITテクノロジーレビュー[日本版]が平日夜に開催するマンスリー・イベントです。最前線で活躍する研究者や起業家など有識者の方をお招きし、いま注目したいエマージング・テクノロジー(萌芽技術)や社会の最新動向をリアルの場でお届けします。

■登壇者紹介

高口康太(たかぐち こうた)

ジャーナリスト、翻訳家。1976年生まれ。 千葉大学人文社会科学研究科(博士課程)単位取得退学。 中国の政治、社会、文化など幅広い分野で取材を続けている。 独自の切り口から中国・新興国を論じるニュースサイト「 KINBRICKS NOW」を運営。著書に『現代中国経営者列伝』(星海社新書)『 幸福な監視国家・中国』(NHK新書)、編著に『 中国S級B級論』など。

【先着60名限定】
いま、MITテクノロジーレビューに新規で有料購読会員に申し込むと、今回のイベントに500円で参加できます(2500円割引)。
さらに、中国のテクノロジー動向について関連記事をまとめたeムック『A new era of China I 中国はポストGAFA時代を制するか』『A new era of China II 暴走する「イノベーション大国」の行方』もダウンロード可能です。

■新たにMITテクノロジーレビューのInsider Online購読会員になり、本イベントに割引価格で参加するには、以下の手順でお申し込みください。
1.MITテクノロジーレビュー申し込みページから、Insider Onlineの購読をお申込みください。
2.「会員情報の画面」から有料会員様向けの割引コードを取得します。
3.本イベントページで、「チケットを申し込む」ボタンをクリックしてください。
4.「【割引コード入力で500円】有料会員用割引チケット 」を選択してください。
5.下の「割引コード」欄に、割引コードを入力してください。その後「フォームへ進む」ボタン後にお支払い方法をお選びください。

※ すでに有料購読会員の方は2の手順からお進みください。
※ 今回は有料会員向け割引チケットは60枚限定となっております。売り切れの場合はご容赦願います。

MITTR Emerging Technology Nite #14 BATはポストGAFA時代を制するのか? ——「チャイナ・イノベーション」の現在を読み解く
日時
2019年8月27日(火) 19:30〜22:00(19:00 受付開始)
定員
120人
(要事前申し込み)
場所
BASE Q(東京都千代田区有楽町1丁目1−2 東京ミッドタウン日比谷 6F)
料金
一般 3000円
MITテクノロジーレビュー有料会員 500円(割引コードをご利用ください)
主催
MITテクノロジーレビュー
プログラム

19:30〜19:35 ご挨拶
19:35〜20:35 高口康太氏講演
20:35〜20:40 休憩
20:40〜21:15 質疑応答/会場とのディスカッション
21:15〜22:00 来場者交流会

※プログラムは変更する場合がございます。

注意事項

※イベント開催時間、各プログラムの開始終了時間は状況により変更する場合がございます。
※当日のイベントの模様は、MITテクノロジーレビューに掲載される可能性がありますのでご了承ください。
※会場内での事故につきましては、主催者は責任を負いかねます。
※キャンセルは開催日3営業日前の8/22までにPeatixから手続きください。それ以降のキャンセルは返金できかねますのでご了承ください。
※お申し込みはPeatixでお願いします。当日現金払いでの入場はできません。
※イベント当日は、アプリ上、または印刷したチケットをご持参の上、会場受付にてご提示ください。ご提示いただけない場合、ご入場いただけない可能性がございます。
※領収証はPeatixの領収データをご利用ください。個別の発行は行なっておりません。

申し込みページへ
人気の記事ランキング
  1. Interview with Lessig: Privacy Regulation in the Data-Driven-Society ローレンス・レッシグに聞く、データ駆動型社会のプライバシー規制
  2. An AI app that “undressed” women shows how deepfakes harm the most vulnerable 「ディープヌード」騒動、拡大するAIコラ画像問題の根深さ
タグ
MITテクノロジーレビュー イベント事務局 [MIT Technology Review Event Producer]日本版 イベント運営チーム
現在編集中です。
人気の記事ランキング
  1. Interview with Lessig: Privacy Regulation in the Data-Driven-Society ローレンス・レッシグに聞く、データ駆動型社会のプライバシー規制
  2. An AI app that “undressed” women shows how deepfakes harm the most vulnerable 「ディープヌード」騒動、拡大するAIコラ画像問題の根深さ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る