KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Personalized Cancer Vaccine Prevents Leukemia Relapse in Patients

パーソナライズされたがんワクチン、白血病の再発を防ぐ

小規模の臨床試験だが、試験に参加した患者の大部分が、致命的な種類のがんから4年以上寛解の状態になっている。 by Emily Mullin2016.12.08

ニューヨーク州クーパーズタウン在住のアーネスト・レビーは、2010年のワールドカップを見に息子と南アフリカへ旅行し、帰国直後に急性骨髄性白血病と診断された。予後は現在76歳のレビーにとって辛いものだった。成人の患者が骨髄を冒されるタイプのがんを発症したあとの5年生存率は、4分の1を超える程度しかない。

レビーは、急性骨髄性白血病のがんワクチンを試験中のベス・イスラエル・メディカルセンター(ニューヨークにあるハーバード大学医学大学院の付属病院)による臨床試験に参加した。ヘマトロジカル・マリグナンシーズの責任者で、ベス・イスラエルでがんワクチンプログラムを監督しているデビッド・アビガン医師によれば、化学療法の最初の段階のあと、レビーと他の試験参加者は、がん細胞を異物とみなして攻撃するように免疫細胞を「再教育」する免疫療法の一種である実験的なワクチンを接種された、という。

現在の臨床試験の結果は、ワクチンによってがん細胞に対する強力な免疫反応が活性化され、患者の大部分(レビーも含む)を再発から守っていることを示している。ワクチンを接種した17人の患者(平均年齢は63歳)のう …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント