KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
China’s Ride-Hailing Firm Didi Chuxing Heads to Brazil

滴滴出行(ディディ)、ブラジル99と提携でウーバーと再激突

滴滴が、またしてもライバルのウーバーに立ち向かう by Jamie Condliffe2017.01.06

中国の配車サービス滴滴出行(ディディチューシン)がブラジル進出を発表した。

フィナンシャル・タイムズ紙の記事(ペイウォール)によれば、滴滴がブラジル国内で事業を立ち上げる代わりに、ブラジル国内で配車サービスを展開する99と事業提携する。具体的な契約内容は不明だが、99の広報担当者がTechCrunchに述べた話では、滴滴の出資額は「1億ドル以上」で、99の取締役会に役員として人を送り込む。

滴滴が中国外の事業展開を狙っているのは秘密ではない。昨年後半あったブルームバーグのインタビューで、滴滴のジーン・リウ社長は「弊社は確かにグローバル展開を目指しています」と述べた。滴滴にはそうする事情がある。先月ウォール・ストリート・ジャーナル紙が伝えたように、中国では配車サービスに関する法規制が改められて居住者以外は配車サービスの事業者になれなくなり、中国国内のあらゆる大都市で、多くのドライバーが事業停止を余儀無くされているのだ。

ブラジルへの進出によって、滴滴は再度、最大のライバルと対戦することになる。ウーバーは中南米諸国を大きなビジネスチャンスと捉えており、ブラジル市場は現在業績が世界で3番目に大きいのだ。滴滴がウーバーのライバル会社に出資しているのは今回が初めてではない。2015年には、アメリカの配車サービスで2位の業績があるリフトに出資した。

ウーバーと滴滴の関係は、間違いなく妙なことになっている。昨年夏、ウーバーは何十億ドルもの大金をつぎ込んで成果が得られず、中国の配車サービス市場への参入を断念した。そこでウーバーは中国事業を滴に売却し、現在両社はお互いの取締役会に投票権なしの議席がある。

滴滴のチェン・ウェイ最高責任者がブルームバーグに述べた話では、この状況が意味するのは両社が「お互いに学び合える」ことだという。だが、両社が何を学び合ったとしても、結局はグローバル市場で決着がつくだけなのは明白だ。母国以外の市場でどちらかが勝者になるかは、まだわからない。

(関連記事:Financial Times (paywall), TechCrunch, Bloomberg, “ビジネスモデルの欠陥? ウーバー、中国市場で敗北,” “A Chinese Rival Beats Uber at Its Own Game”)

人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. Recommendations for NIHONBASHI SPACE WEEK 2022 まもなく開幕「NIHONBASHI SPACE WEEK 2022」、見どころは?
  3. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  4. A bot that watched 70,000 hours of Minecraft could unlock AI’s next big thing ユーチューブを7万時間見続けたAI、最高のマイクラボットになる
  5. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
タグ
クレジット Photograph by Greg Baker | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. Recommendations for NIHONBASHI SPACE WEEK 2022 まもなく開幕「NIHONBASHI SPACE WEEK 2022」、見どころは?
  3. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  4. A bot that watched 70,000 hours of Minecraft could unlock AI’s next big thing ユーチューブを7万時間見続けたAI、最高のマイクラボットになる
  5. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る