KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Obama Says the World’s Move Toward Renewables Is “Irreversible”

オバマ大統領がサイエンス誌に寄稿「再生可能革命は不可逆」

経済の実態の変化は、米国がすでに二酸化炭素排出量を減少させていることを意味するが、大統領はこのプロセスを加速するためにさらなる行動が必要だと話す。 by Michael Reilly2017.01.10

再生可能エネルギー革命はすでに始まっており、誰にも止められない。

バラク・オバマ大統領が 1月9日のサイエンス誌の記事で述べた「クリーンエネルギーに向かう流れを逆転できない4つの理由」で訴えたことの主旨だ。

オバマ大統領は大きなことを最初に述べている。長年、経済成長はエネルギー使用の上昇と関係があるという説が正しいと信じられてきた。エネルギー使用の上昇は、温室効果ガス排出量の増加を意味する。この説は数十年間正しかった。しかし2008年から、米国のエネルギー源に劇的な変化が起きた。オバマ大統領によると、その結果、2008年から2015年にかけてCO2排出量が低下した一方で、経済は10%以上成長した。この説明はMIT Technology Reviewが伝えてきたこととも合致しており、オバマ大統領はこの傾向が世界的に広まったと主張しているのだ。

米国では、石炭から天然ガスに大規模に移行したことが、この流れの最も大きな要因だ。天然ガスの復興は、石炭火力発電所を廃業に追いやっている。

オバマ大統領は続けて、自動車の燃費と、家庭用電化製品のエネルギ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント