KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
新型コロナ向け抗体医薬品で初の臨床試験、イーライリリー
-
A trial is underway of the first new antibody medicine developed to treat covid-19

新型コロナ向け抗体医薬品で初の臨床試験、イーライリリー

新型コロナウイルス感染症の治療用に開発された抗体医薬品としては初となる臨床試験が始まった。すべてがうまくいけば年末までに実用化される可能性がある。 by Charlotte Jee2020.06.02

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療用に開発された抗体医薬品としては初となる臨床試験が始まった。米国各地の病院で32人の患者を対象にさまざまな投与量が試されている。この抗体医薬品「LY-CoV555」の安全性が確認された場合、今夏後半に入院患者以外の新型コロナウイルス感染症の患者を対象とした臨床試験が実施される予定だ。

LY-CoV555は、今年2月に米国で新型コロナウイルス感染症から回復した初期の患者から採取した血液を使用して、わずか3カ月で開発された。この血液には、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に結合して中和する抗体が含まれていた。目標は、ある1人の人において新型コロナウイルス感染症に対して効果的だった免疫反応を、あらゆる人に有効な医薬品に変えることだ。抗体医薬品はワクチンではないので、永久的な免疫をもたらすことはない。しかし、数週間または数か月の保護を提供する一時的な予防薬として使える可能性がある。始まったばかりの臨床試験が成功した場合、LY-CoV555は新型コロナウイルス感染症に有効であることが確認された最初の治療法の1つとなるだろう。すべてがうまくいけば、年末までに実用化されるかもしれない。

LY-CoV555は、製薬大手イーライリリーとバンクーバーを拠点とするバイオテクノロジー企業アブセラ(AbCellera)が共同開発した。独自の抗体医薬品の開発を試みている企業はこの他にもある。リジェネロン(Regeneron)の抗体医薬品と、グラクソ・スミスクラインとヴィア・バイオテクノロジー(VIR Biotechnology)が共同開発する抗体医薬品は、どちらも近く臨床試験が開始される予定だ。

LY-CoV555は特効薬にはならないだろう。新型コロナウイルスはまだよく理解されていないため、その治療はとても難しい。抗体カクテル(2種類以上の抗体を混合している医薬品)は病状を悪化させる可能性がある。たとえ目的通りの効果が出たとしても、初期は供給量が非常に限られるため、医師はどの患者に優先的に投与するか判断を迫られることになる。ありがたいことに、抗体医薬品であるLY-CoV555以外にも、別の疾患のために開発された治療薬の転用から新型コロナウイルス感染症向けに開発されたワクチンまで、数百の臨床試験が進められている。

関連記事: 回復患者の血液から新型コロナ治療薬を探す開発競争、その険しい道のり

人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  3. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  4. Can grid storage batteries save Japan’s power supply crisis? 送電網向け蓄電池は「需給ひっ迫」の危機を救えるか?
  5. What we can do with GPT-3 to enhance our creativity? GPT-3が新社名を発案、「AIと働く」を実践してみた
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  3. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  4. Can grid storage batteries save Japan’s power supply crisis? 送電網向け蓄電池は「需給ひっ迫」の危機を救えるか?
  5. What we can do with GPT-3 to enhance our creativity? GPT-3が新社名を発案、「AIと働く」を実践してみた
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る