KADOKAWA Technology Review
×
【明日まで】10/31締切 日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中
ファイザーの新型コロナワクチン、初期臨床試験で結果有望
Katja Fuhlert | Pixabay
Another experimental covid-19 vaccine has showed promising early results

ファイザーの新型コロナワクチン、初期臨床試験で結果有望

ファイザーとバイオンテック(BioNTech)の新型コロナウイルス感染症ワクチンの初期の臨床試験で有望な結果が出た。 by Charlotte Jee2020.07.05

ファイザーとバイオンテック(BioNTech)が開発中の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンの有効性が、45人の健康な被験者を対象にした治験で示された。メドアーカイブ(medRXiv)に掲載されたプレプリント(査読前論文)によると、回復患者に比べて最高2.8倍の水準の抗体が被験者の体内に確認された。治験では、3種類の用量群のワクチンとプラセボ投与群のいずれかに45人を無作為に割り付けた。ただし、高用量を投与した患者に倦怠感や頭痛、発熱などの副作用が現れたため、1回目の治療の後、最高用量である100マイクログラムの投与が中止された。

期待できるニュースだが、ファイザーとバイオンテックが開発する新型コロナウイルス感染症ワクチンに関する最初の臨床データであり、まだ査読を経ていない研究結果だ。ワクチンを接種した患者に確認される高水準の抗体は、新型コロナウイルス感染症に対する免疫反応を示す有用な指標だが、それが免疫を保証するものであるかどうかはまだ分からない。それを明らかにするため、ファイザーは今夏、より大規模な患者集団を対象にした研究を開始する予定だ。ファイザーは、2020年末までに最大1億回分のワクチンを用意する計画だという。

ファイザーは、ワクチン開発を進める別の製薬会社モデルナ(Moderna)と同じ実験的手法を用いている。両社のワクチンは、ともに新型コロナウイルスのmRNA(伝令RNA:宿主内でウイルスを増殖させる遺伝的指令を有する物質)を使って、新型コロナウイルスに対して免疫反応を引き起こすよう設計されている。ワクチン開発を迅速化する可能性がある手段だが、この方法を用いて開発され、販売許可を取得したワクチンはまだ存在しない。現在、178種類のワクチンが開発中で、そのうち17種類のワクチンが治験段階にある。

(関連記事:新型コロナウイルス感染症に関する記事一覧

 

人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  4. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  5. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  4. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  5. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る