KADOKAWA Technology Review
×
In Davos, the Police Will Disarm Your Drone in a Heartbeat

スイス警察、ダボス会議で対ドローン妨害装置を採用

世界経済フォーラム(ダボス会議)は、テロの脅威やパパラッチを阻止するドローン妨害装置によって守られている。 by Jamie Condliffe2017.01.19

毎年1月、世界中の裕福なビジネス・リーダーや有力な政治家、草分け的存在の研究者が、スイスのスキー・リゾート地ダボスに集まる。そこで、どうすれば地球をよくできるか話し合うのだ。災害映画のオープニングで、世界中のエリートが炎に包まれて死ぬシーンを描くならぴったりの場所だ。

幸いなことに、スイスの警察官はドローン撃墜用の銃を装備している。

ブルームバーグの記事にあるとおり、実際には撃墜するのではなく、ドローンを妨害する装置「HP 47 対無人航空機妨害装置」だ。HP 47はドローンを撃墜できないが、遠隔操作を妨害したり、空中でホバリング状態にさせたり、ドローンから操縦者に送信される画像や映像を遮断したりできる。

警察はもちろん、必要なら発砲できるし、を投げたり、ドローンによるセキュリティ警備も活用したりできる。それでダメでも、侵入してきたドローンはいずれ電池切れで墜落する。

ダボスで厳重なセキュリティが必要なのは明らかで、実際、厳戒態勢だ。USAトゥデイ紙による17日付けの記事によれば、外部からの侵入を防ぐため、有刺鉄線付きの二重の壁、スイス軍による警備、会場周辺25海里(約46km)の飛行禁止区域が設定されている。

そう考えると、ドローンを重大な懸念事項に捉えるのも当然だ。パパラッチがドローンで地上にいる最重要人物の動きを監視するかもしれず、テロリストはもっと卑劣な行為に及ぶ恐れもある。ポピュラー・サイエンス誌の最近の特集によれば、たとえばイスラム国(ISIS)は、市販されている一般的ドローンを改造して小型爆弾を組み込んでいるという。

2年前、ダボスの飛行禁止区域でドローンを飛ばしたBBCのジャーナリストが警察の取り調べを受けた。それ以来、ダボス会議のセキュリティ・チームは、ドローンによる問題が発生しないよう、取り締まりを強化している。セキュリティ・チームの頭上に突如ドローン編隊が現れないことを願おう。そうなったら別の手段が必要だ。

(関連記事:BloombergUSA Today, “非武装の警備ドローンは警備員の職を奪えるか?,” “飛行中のF/A-18から103機の自律ドローン編隊射出に成功”)

人気の記事ランキング
  1. Forget dating apps: Here’s how the net’s newest matchmakers help you find love 出会い系アプリはもううんざり、「運命の人」探す新ネット文化
  2. Laptops alone can’t bridge the digital divide そしてそれはゴミになった 「一人1台のパソコン」の 失敗から得られた教訓
  3. How tackling tech’s diversity challenges can spur innovation デューク大のコンピューター科学者はなぜ「DEI」を学ばせるのか?
タグ
クレジット Photograph by Simon Dawson | Bloomberg
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Forget dating apps: Here’s how the net’s newest matchmakers help you find love 出会い系アプリはもううんざり、「運命の人」探す新ネット文化
  2. Laptops alone can’t bridge the digital divide そしてそれはゴミになった 「一人1台のパソコン」の 失敗から得られた教訓
  3. How tackling tech’s diversity challenges can spur innovation デューク大のコンピューター科学者はなぜ「DEI」を学ばせるのか?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る