KADOKAWA Technology Review
×
In Davos, the Police Will Disarm Your Drone in a Heartbeat

スイス警察、ダボス会議で対ドローン妨害装置を採用

世界経済フォーラム(ダボス会議)は、テロの脅威やパパラッチを阻止するドローン妨害装置によって守られている。 by Jamie Condliffe2017.01.19

毎年1月、世界中の裕福なビジネス・リーダーや有力な政治家、草分け的存在の研究者が、スイスのスキー・リゾート地ダボスに集まる。そこで、どうすれば地球をよくできるか話し合うのだ。災害映画のオープニングで、世界中のエリートが炎に包まれて死ぬシーンを描くならぴったりの場所だ。

幸いなことに、スイスの警察官はドローン撃墜用の銃を装備している。

ブルームバーグの記事にあるとおり、実際には撃墜するのではなく、ドローンを妨害する装置「HP 47 対無人航空機妨害装置」だ。HP 47はドローンを撃墜できないが、遠隔操作を妨害したり、空中でホバリング状態にさせたり、ドローンから操縦者に送信される画像や映像を遮断したりできる。

警察はもちろん、必要なら発砲できるし、を投げたり、ドローンによるセキュリティ警備も活用したりできる。それでダメでも、侵入してきたドローンはいずれ電池切れで墜落する。

ダボスで厳重なセキュリティが必要なのは明らかで、実際、厳戒態勢だ。USAトゥデイ紙による17日付けの記事によれば、外部からの侵入を防ぐため、有刺鉄線付きの二重の壁、スイス軍による警備、会場周辺25海里(約46km)の飛行禁止区域が設定されている。

そう考えると、ドローンを重大な懸念事項に捉えるのも当然だ。パパラッチがドローンで地上にいる最重要人物の動きを監視するかもしれず、テロリストはもっと卑劣な行為に及ぶ恐れもある。ポピュラー・サイエンス誌の最近の特集によれば、たとえばイスラム国(ISIS)は、市販されている一般的ドローンを改造して小型爆弾を組み込んでいるという。

2年前、ダボスの飛行禁止区域でドローンを飛ばしたBBCのジャーナリストが警察の取り調べを受けた。それ以来、ダボス会議のセキュリティ・チームは、ドローンによる問題が発生しないよう、取り締まりを強化している。セキュリティ・チームの頭上に突如ドローン編隊が現れないことを願おう。そうなったら別の手段が必要だ。

(関連記事:BloombergUSA Today, “非武装の警備ドローンは警備員の職を奪えるか?,” “飛行中のF/A-18から103機の自律ドローン編隊射出に成功”)

人気の記事ランキング
  1. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  2. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  3. The second-largest radio telescope in the world is shutting down 世界で2番目に大きい電波望遠鏡、修復不能で57年の歴史に幕
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
タグ
クレジット Photograph by Simon Dawson | Bloomberg
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  2. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  3. The second-largest radio telescope in the world is shutting down 世界で2番目に大きい電波望遠鏡、修復不能で57年の歴史に幕
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る