KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
知性を宿す機械 In Davos, the Police Will Disarm Your Drone in a Heartbeat

スイス警察、ダボス会議で対ドローン妨害装置を採用

世界経済フォーラム(ダボス会議)は、テロの脅威やパパラッチを阻止するドローン妨害装置によって守られている。 by Jamie Condliffe2017.01.19

毎年1月、世界中の裕福なビジネス・リーダーや有力な政治家、草分け的存在の研究者が、スイスのスキー・リゾート地ダボスに集まる。そこで、どうすれば地球をよくできるか話し合うのだ。災害映画のオープニングで、世界中のエリートが炎に包まれて死ぬシーンを描くならぴったりの場所だ。

幸いなことに、スイスの警察官はドローン撃墜用の銃を装備している。

ブルームバーグの記事にあるとおり、実際には撃墜するのではなく、ドローンを妨害する装置「HP 47 対無人航空機妨害装置」だ。HP 47はドローンを撃墜できないが、遠隔操作を妨害したり、空中でホバリング状態にさせたり、ドローンから操縦者に送信される画像や映像を遮断したりできる。

警察はもちろん、必要なら発砲できるし、を投げたり、ドローンによるセキュリティ警備も活用したりできる。それでダメでも、侵入してきたドローンはいずれ電池切れで墜落する。

ダボスで厳重なセキュリティが必要なのは明らかで、実際、厳戒態勢だ。USAトゥデイ紙による17日付けの記事によれば、外部からの侵入を防ぐため、有刺鉄線付きの二重の壁、スイス軍による警備、会場周辺25海里(約46km)の飛行禁止区域が設定されている。

そう考えると、ドローンを重大な懸念事項に捉えるのも当然だ。パパラッチがドローンで地上にいる最重要人物の動きを監視するかもしれず、テロリストはもっと卑劣な行為に及ぶ恐れもある。ポピュラー・サイエンス誌の最近の特集によれば、たとえばイスラム国(ISIS)は、市販されている一般的ドローンを改造して小型爆弾を組み込んでいるという。

2年前、ダボスの飛行禁止区域でドローンを飛ばしたBBCのジャーナリストが警察の取り調べを受けた。それ以来、ダボス会議のセキュリティ・チームは、ドローンによる問題が発生しないよう、取り締まりを強化している。セキュリティ・チームの頭上に突如ドローン編隊が現れないことを願おう。そうなったら別の手段が必要だ。

(関連記事:BloombergUSA Today, “非武装の警備ドローンは警備員の職を奪えるか?,” “飛行中のF/A-18から103機の自律ドローン編隊射出に成功”)

人気の記事ランキング
  1. Potential Carbon Capture Game Changer Nears Completion 二酸化炭素を完全に回収、 「未来の火力発電所」が 間もなく稼働
  2. DENSO A.I. TECH SEMINAR 2017 機械学習でクルマはどう進化するか?第一人者が集う技術セミナー
  3. The Truth about China’s Cash-for-Publication Policy ネイチャー掲載で年収20倍、中国の報奨金制度の実態が判明
  4. Amazon Has Developed an AI Fashion Designer ファッション業界に衝撃、 アマゾンがAIデザイナーを 開発中
  5. Are There Optical Communication Channels in Our Brains? 人間の脳内に光通信チャネルが存在する可能性
タグ
クレジットPhotograph by Simon Dawson | Bloomberg
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
「知性を宿す機械」の記事
人気の記事ランキング
  1. Potential Carbon Capture Game Changer Nears Completion 二酸化炭素を完全に回収、 「未来の火力発電所」が 間もなく稼働
  2. DENSO A.I. TECH SEMINAR 2017 機械学習でクルマはどう進化するか?第一人者が集う技術セミナー
  3. The Truth about China’s Cash-for-Publication Policy ネイチャー掲載で年収20倍、中国の報奨金制度の実態が判明
  4. Amazon Has Developed an AI Fashion Designer ファッション業界に衝撃、 アマゾンがAIデザイナーを 開発中
  5. Are There Optical Communication Channels in Our Brains? 人間の脳内に光通信チャネルが存在する可能性
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント