KADOKAWA Technology Review
×
ワクチン有効性90%に疑問符、アストラゼネカが治験を追加実施へ
Associated Press
The Oxford/AstraZeneca vaccine will be tested in a new trial after questions over its data

ワクチン有効性90%に疑問符、アストラゼネカが治験を追加実施へ

アストラゼネカは、オックスフォード大学と共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、新たに世界的な治験を実施する予定だ。 by Charlotte Jee2020.12.03

アストラゼネカ(AstraZeneca)のパスカル・ソリオット最高経営責任者(CEO)は、オックスフォード大学と同社が共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、新たに世界的な治験をする予定であるとブルームバーグに語った。以前は、すでに実施した米国での治験の補強をするに留まるものと見込まれていた。同社はこれまで、同ワクチンの治験データの収集と提示の方法について批判を受けており、今回のソリオットCEOの発表はそうした最中になされた。

オックスフォード大学とアストラゼネカによるワクチンが、新型コロナウイルス(SARS CoV-2)に対して最大90%の有効性があるという11月23日の発表は、大きな反響を生んだ。このワクチンは、肯定的な結果を報告した3番目のワクチン候補である。モデルナ(Moderna)のワクチン候補や、ファイザーとバイオンテック(BioNTech)が共同開発したワクチン候補よりも安価で、冷蔵庫並みの温度で保管できるため、とりわけ貧困国に対して有望な存在とされてきた。

しかし、ブラジルと英国における治験で同ワクチンの全体的な有効性が62%から70%であったと指摘され、有効性90%というアストラゼネカの主張は疑問視されるようになった。さらに90%という数値は、ミスによって低用量を投与されたわずか3000人未満の被験者で達成されたものだった。研究チームは、偶発的な低用量のほうが効果が大きいと証明された理由について説明できていない。

そのためアストラゼネカは、この低用量の投薬のみを検証する別の治験を計画している。ソリオットCEOはブルームバーグに対し、「より有効性が高い可能性のあるケースが見つかったために検証しなければなりません。追加試験が必要です」と語り、有効性が高いため、必要な参加者はより少なくてすむだろうとも話した。

低用量を投与したグループには、55歳以上の被験者が一切含まれていなかったことも懸念されている。したがって2回目の治験は、高齢者層に対するワクチンの有効性を検証するものでなくてはならない。また、米国食品医薬品局(FDA)は、ワクチンに承認を与えるうえで、より広範な人種、年齢、性別を対象とした、より多くのデータを要求することも考えられる。最初の治験の完全な査読済みデータは、医学雑誌の『ランセット(Lancet )』に近日中に掲載されることになっている。

人気の記事ランキング
  1. This new image shows off magnetic fields swirling around a black hole 周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開
  2. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  3. Error-riddled datasets are warping our sense of how good AI really is AIモデル評価用データセットに多数の誤り、実は優秀ではなかった?
  4. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  5. Google’s top security teams unilaterally shut down a counterterrorism operation グーグルが報告した手練れのハッキング集団、実は欧米の工作員
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. This new image shows off magnetic fields swirling around a black hole 周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開
  2. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  3. Error-riddled datasets are warping our sense of how good AI really is AIモデル評価用データセットに多数の誤り、実は優秀ではなかった?
  4. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  5. Google’s top security teams unilaterally shut down a counterterrorism operation グーグルが報告した手練れのハッキング集団、実は欧米の工作員
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る