KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
英国、ファイザーの新型コロナワクチンの接種を開始
Associated Press
A UK woman aged 90 was the first in the world to receive the Pfizer vaccine today

英国、ファイザーの新型コロナワクチンの接種を開始

英国は12月8日、介護施設職員と80歳以上の高齢者を優先対象とする、ファイザー/バイオンテック製新型コロナワクチンの接種を開始した。 by Charlotte Jee2020.12.14

12月8日、英国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が開始された。英国はファイザーとバイオンテック(BioNTech)が共同開発したワクチンの供給を、承認から1週間足らずで大規模に開始した最初の先進国となった。ワクチン接種の優先的対象者は介護施設職員と80歳以上の高齢者とされており、 90歳の女性マーガレット・キーナンがコベントリー大学病院で、臨床試験外では初の接種を受けた。英国はファイザー/バイオンテック製ワクチンを4000万回分発注しており、人口の約3分の1にあたる2000万人が接種を受けられる。英国政府は12月中に計400万回分のワクチンを調達できると見込んでいる。英国ではCOVID-19による死者数が欧州最多を記録しており、6万人以上が亡くなっている。また、規制当局は現在、アストラゼネカ(AstraZeneca)とオックスフォード大学が共同開発したCOVID-19ワクチン候補についても、緊急使用の許可を検討している。

ファイザー/バイオンテック製ワクチンは特殊な冷蔵装置を使用して-70 °Cで保管しなければならないことから、接種のプロセスは複雑なものとなっている。ワクチンは975回分が1箱として供給され、現時点では小分けにできないほか、各個人が3週間の間をあけて2回ずつ接種しなければならない。こうした事情から、ファイザー/バイオンテック製ワクチンの接種は当初、全国の医療機関50カ所で実施されている。

米国食品医薬品局(FDA)のワクチン諮問委員会は、12月10日、ファイザー/バイオンテック製ワクチンの緊急使用の許可を支持した。FDAはモデルナ(Moderna)製のワクチンについても、17日までに緊急使用の可否を決定する。中国とロシアはすでにワクチン接種を開始している。

人気の記事ランキング
  1. The problem with plug-in hybrids? Their drivers. プラグイン・ハイブリッド、想定以上の環境負荷のなぜ
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  3. How to reopen a nuclear power plant 廃炉から復活へ、米国で異例の原発再稼働に道筋
  4. How three filmmakers created Sora’s latest jaw-dropping videos 生成AI「Sora」で作られた驚きの動画、制作者に聞く舞台裏
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The problem with plug-in hybrids? Their drivers. プラグイン・ハイブリッド、想定以上の環境負荷のなぜ
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  3. How to reopen a nuclear power plant 廃炉から復活へ、米国で異例の原発再稼働に道筋
  4. How three filmmakers created Sora’s latest jaw-dropping videos 生成AI「Sora」で作られた驚きの動画、制作者に聞く舞台裏
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る