KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Here’s What Happens When You Add Scent to Virtual Reality

バーチャル・リアリティに匂いを加える最先端研究

実際には何も食べずに、食べる、味わうという行為がエンターテインメントになるかもしれない。視覚、触覚、嗅覚を組み合わせたアミューズメント施設や、世界中のレストランを実食体験ができるサービスが可能になる。 by Rachel Metz2017.02.01

スタンフォード大学のバーチャル・ヒューマン・インタラクション研究室で、VRゴーグルのレンズ越しにチョコレートやレインボー・クリスタル・シュガーがかかったドーナツを眺めていたとき、手には甘いドーナツにとてもよく似た感触があり、確実にチョコレートやドーナツの匂いがした。

ためらいながらも耐えられたのは幸運だったが、泡でできたドーナツを本物と認識してしまい、思わず食べてしまいそうになった。視覚や聴覚、触覚で食欲をそそられたのは間違いない。

私の反応は、スタンフォード大学のベンジャミン・リー研究員にとっては狙いどおりだ。リー研究員は、VRに匂いや感触を加える手法を通じて、VRで人間が食品をどう認識するかを研究している。

実質現実の商業利用が始まったばかりだが、学術分野でも企業でも、人間の認識に与える実質現実の有効性については以前から研究されており、実質現実と香りを組み合わせる方法も模索されてきた。他と比べてディストピア的な感じのする話ではあるが、リー研究員はさまざまな手法により、匂いと感触、実質現実の組み合わせが今後可能になると考え、ジェレミー・ベイ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント