KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Botnets Could Meet Their Match in Robot Hackers

ボットネットの攻撃に、自動ハックロボットで対抗

膨大な数のコンピューターを制御して攻撃してくるボットネットに対抗するには、防御側にもネットワーク機器のパッチを自動的に適用するロボットが必要なのかもしれない。DARPA主催のハッキング・コンテストで賞金200万ドルを獲得したソフトウェア「メイヘム」は、ネットワーク機器メーカーと共同で、インターネットの修理ができるか、調べられている。 by Tom Simonite2017.02.02

2016年夏、米国防総省がラスベガスで開催したコンテストでは、優勝賞金200万ドルをめぐって、高性能なコンピューターが12時間にわたり、対戦相手をハッキングする闘いを繰り広げた。優勝ソフトの「メイヘム(Mayhem)」はいま、現実社会でハッキングの技術を発揮しようとしている。

メイヘムを開発したのは、カーネギーメロン大学のデイビド・ブランリー教授と、2人の博士課程の学生だ。3人が共同で設立したセキュリティ系スタートアップ企業フォーオールセキュアは、ある種の商業ソフト(ルーター等のネットワーク機器を含む)にある欠陥を自動的に検出し、修復できるようにメイヘムを改良し始めている、とブランリー教授はいう。

メイヘムの試験は、複数のパートナー企業(ネットワーク機器メーカーを含む)と実施中で、メイヘムがソフトウェアの脆弱性を特定し、素早く、漏れなく修復できるかを調べている。企業のIT部門は、何年分もの従来製品にセキュリティ・アップデートを適用し、サポートすることに相当な労力をつぎ込んでおり、メイヘムで負担を軽減させることが期待されているのだ。2016年末、ハッカーはカメラ等の侵入しやすいネットワーク機器に不正アクセスし、大量のボットネットでレディットやツイッター等のWebサイトを一時的にダウンさせた。

「機械が侵入されても、誰かが気づくまでには何日も、何週間もかかります。修復されるのに …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント