1. ビジネス・インパクト
    高まるリスク、国家レベルのサイバー攻撃から守るのは誰か?
    国家レベルでのサイバー攻撃を抑制すべく、国際的な取り組みが進みつつある。米国や英国政府がサイバー攻撃に対するより積極的な対応策を準備する一方で、マイクロソフトなどテック企業はサイバー攻撃から顧客を守るための企業連合を立ち上げた。 Martin Giles6カ月前
  2. 知性を宿す機械
    自律自動車が普及し、タクシーやトラックとして使用されるようになると、大量の失業者を生む可能性がある。自律自動車に対する憎悪から、自動運転のアルゴリズムをハッキングして、故意に事故を引き起こす犯罪者が現れるかもしれない。 Simson Garfinkel2年前
  3. コネクティビティ
    グーグル、神経工学で「騙されにくいChrome」をリリース?
    セキュリティ警告をどうでもいい扱いしない工夫を施したChromeが登場するかもしれない。脳がどのようにセキュリティ警告に反応するか調べた研究により、何かの作業中の警告は、そうでない場合に比べて無視されやすいとわかったのだ。 Tom Simonite2年前
  4. 知性を宿す機械
    ボットネットの攻撃に、自動ハックロボットで対抗
    膨大な数のコンピューターを制御して攻撃してくるボットネットに対抗するには、防御側にもネットワーク機器のパッチを自動的に適用するロボットが必要なのかもしれない。DARPA主催のハッキング・コンテストで賞金200万ドルを獲得したソフトウェア「メイヘム」は、ネットワーク機器メーカーと共同で、インターネットの修理ができるか、調べられている。 Tom Simonite2年前
  5. コネクティビティ
    「問題が起きてから対応」では量子コンピューターで大惨事
    強力な量子コンピューターはまだ存在しないが、セキュリティ企業は量子コンピューターから防御する準備を進めている。 Tom Simonite2年前
  6. コネクティビティ
    米大統領選へのサイバー攻撃 21州がぜい弱性検査を申請
    選挙セキュリティの専門家は、有権者に関するデータベースを狙うサイバー攻撃に当局は備えるべきだという。 Mike Orcutt3年前
  7. コネクティビティ
    ポケモンGOユーザー
    機械学習に騙される
    機械学習は、ネット犯罪の効率を高めるツールになることがポケモンGOで実証された。 Tom Simonite3年前
  8. コネクティビティ
    自律型ハッキングマシンで
    DARPAがコンテスト開催
    ペンタゴンの7つのスーパーコンピューター同士が、自律型ハッキングマシンとなって戦うコンテストが8月に開催される。 Tom Simonite3年前