KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Google’s Algorithms May Feed You Fake News and Opinion as Fact

グーグルがねつ造ニュース対策でフェイスブックより及び腰の理由

フェイスブックがねつ造ニュース対策に乗り出した。最初の一歩としては評価できる一方、グーグルの音声アシスタントは女性蔑視の意見を言いだし、YouTubeはねつ造動画の宝庫になっている。 by Jamie Condliffe2017.03.07

フェイスブックのねつ造ニュース対策に一定の効果が確認され、議論の焦点はグーグルがどう対処するかに移った。

今回の米国大統領選挙の結果を受け、ねつ造ニュースの台頭に対処できていない、とフェイスブックは社会全体の怒りにさらされた。実際にねつ造されたニュースが選挙結果にどう影響をおよぼしたかを検証するのは困難だが、継続的なデマにさらされた有権者の判断に一切影響していないはずはない。フェイスブックはすでに第三者の事実確認団体に依頼し「真偽不明」とタグ付けする方針を発表していた。

今週になって、フェイスブックは約束を実行し、期待通りに動作すると評価するユーザーもいる。フェイスブックは疑わしい投稿をスノープスやポリティファクト、ABCニュース、FactCheck.orgといった事実確認団体に依頼し、真偽を分析してもらっている。依頼先の2社以上が投稿の事実性に異を唱えると「事実確認団体による審議中」と表示され、あとはユーザーの判断に任される。

問題はこれで解決だろうか? そうともいえない。デマはまだ流れている。フェイスブックの後は、グーグルが自社の機能をねつ造ニュース問題に前向きに取り組む番だ。

日曜日にジ・アウトラインが公開した記事によれば、グーグルの「強調スニペット」(検索結果に枠付きで表示される要約付きの欄)は本来の役割を果たしていないようだ。スニペット機能はもともと、グーグルの検索エンジンやAI音声アシスタントで検索したとき、適切な答えをすぐに得るためにある。しかしアクセス数の多いWebページを役に立つとみなし、優先して表示するため、必ずしも正確な内容とは限らない問題がある。

ジ・オンラインによると、強調スニペットにはさまざまな主張が表示される。ウォレン・ハーディング第29代米国大統領(任期1921年~1923年)が白人至上主義秘密結社クー・クラックス・クランのメンバーだった(虚偽と判明)とか、バラク・オバマ前大統領がクーデ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント