1. 自動運転車は単なる「ハンドルのないクルマ」ではない。自動車の個人所有という概念を変え、自動車を中心に構築された都市の光景を激変させる可能性がある。アルファベット傘下のウェイモはすでに「移動手段のサービス化」に乗り出した。 Ed Finn6年前

  2. 「リスク評価のプロ」である保険会社と自動運転のさまざまなデータを共有することで、自律自動車の導入が早まるかもしれない。 Jamie Condliffe6年前

  3. 自動運転によって運転から解放されると、移動時間をもっと有意義に使えるようになる。だが、車内で快適に過ごすためには、「車酔い」しないことが大前提だ。 Erin Winick6年前

  4. ウーバーの死亡事故、
    自動運転の早すぎる拡大に
    「減速」求める声
    自動運転の実用化へ向けて、各社は公道での実証実験を競っている。だがウーバーの自動運転車による初の死亡事故によって、業界がテクノロジーの普及を急ぎすぎているのではないかと問う声も上がっている。 Will Knight6年前

  5. 完全な自律自動車へ向けて基幹部品ライダーも進化中
    完全な自律自動車の実現には高度なセンサーが必要だ。中でも重要な部品である「ライダー(LIDAR)」をめぐっては、昨年12月に市場トップのベロダインが従来よりも性能を大幅に引き上げた新製品のサンプル出荷を開始した。価格は未定だが、量産化されればロボット・タクシーや自律トラックに搭載されそうだ。Jamie Condliffe6年前

  6. バイドゥが目指す検索の次のビジネスは自律自動車向け地図
    自律自動車が安全に運転するために必要な高精度地図の提供は長期的には、検索エンジン事業よりも「ずっと大きなビジネス」になるとバイドゥのチ・リュー最高執行責任者(COO)が語った。同社がオープンソースで提供している自律運転ソフト「Apollo」はそのためのデータを収集するのに役立つだろうとしている。 Rachel Metz6年前

  7. 今年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)では、自律自動車に関するさまざまな発表や展示があった。自律自動車の乗り心地はどうか? 4台の自律自動車に実際に乗車して公道を走行した感想を報告する。 Rachel Metz6年前

  8. 自動運転自動車の市場では新参企業であるバイドゥが、自動運転ソフトを無償公開したり、多数の企業と提携したりすることで、先行企業に迫る勢いで技術開発を進めている。年末までにはロザンゼルスで障がい者向けの自律自動車の走行試験も実施する予定だ。 Rachel Metz6年前

  9. ピザを届けに無人宅配車が来たら、どう応対するか?
    フォードのファーリー副社長は、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)の講演で自動運転自動車によるピザ宅配の実験について語った。同社は自動運転自動車の主な用途として商品配達を挙げており、こうした実験は商品を受け取る際の人々の振る舞いを調べるために重要だとしている。 Rachel Metz6年前

  10. 無人運転でベガスをドライブ、870km先でハンコン握る運転手
    自律走行車がどうしようもない状況に陥った際に備えて、遠隔地にいる人間がその車の運転を引き継ぐ技術を開発している企業がある。先日、シリコンバレーからゲームコントローラーで遠隔操作で運転する車に乗って、混雑する夜のラスベガスをドライブする機会があった。 Rachel Metz6年前

  11. 不祥事に揺れたウーバーの自律トラックは2018年に開花するか?
    2017年はお騒がせ企業として不名誉なニュースが続いたウーバーだが、2016年に試験運転した無人運転トラックの開発はその後も着々と進行している。主任技術者に課題と展望を聞いた。 Rachel Metz6年前

  12. アップルが自動運転技術の「チラ見せ」に追い込まれた理由
    秘密主義で知られるアップルが自動運転プロジェクトの情報をチラ見せしたのは珍しい。それには、あのアップルでさえも人材獲得に苦労しているという事情がある。 Will Knight6年前

  13. 他のドライバーとの駆け引き、突発的な出来事への対処——。完全な自律運転の実現には、これまでとは違ったAIのアプローチが必要になる。深層学習をさらに進め、自動車が自ら常識を学んでいくシステムの研究が進んでいる。 Will Knight6年前

  14. オースティン・ラッセル(ルミナー)
    スタンフォード大学を中退し、自動運転車の基幹部品ライダーの開発・製造企業を設立。 MIT Technology Review Editors7年前

  15. 自律自動車の基幹部品であるライダー装置は性能を確保しようとするとコストが高く、自律自動車商用化への壁となっている。大量生産で価格を下げられる新タイプの製品、半導体ライダー装置の開発が進んでいる。 Jamie Condliffe7年前

  16. 自動運転の実現に過剰なまでのセンサーが必要な理由
    テスラのオートパイロット機能での死亡事故は「センサー不足」が批判された。なぜ自律自動車には過剰ともいえるセンサーが搭載されているのだろうか。 Jamie Condliffe7年前

  17. バイドゥ、自動運転ソフトの無償公開で市場独走狙う
    バイドゥは、自律自動車の頭脳部分を無料公開する「アポロ計画」を推進している。アポロ計画が軌道に乗れば、自社のコードを非公開にする競合企業が自動運転分野の覇権を握るのは困難になるだろう。 Will Knight7年前

  18. 安全な自動運転に必要なのは
    視力より聴力?
    スタートアップ企業・オトセンスがサイレンやエンジントラブルを音で検知するソフトウェアを開発している。 Tom Simonite7年前

  19. オート・エックス、50ドルのWebカメラ7台で自動運転を実現
    自動運転スタートアップのオート・エックスは、高価な自動運転用センサーに頼らず、1台50ドルのロジクール製Webカメラ7台とソフトウェアを組み合わせ、庶民でも手が届く自動運転車を実現しようとしている。 Rachel Metz7年前

  20. トヨタの自動運転「守護天使」の概念はどこが優れているのか?
    トヨタは、自動運転システムを「守護天使」の概念に基づいて開発しようとしている。完全自律運転よりも早期の実用化が期待でき、機械単独よりも事故を防止できる確率が高くなる、優れたアイデアだ。 Tom Simonite7年前

  21. 試験中の自動運転タクシーはしばらく試験中のままな理由
    ウーバーは、自社の自動運転タクシーが多くの人の移動手段を変えると考えている。しかし、自動運転車両を公道で走らせるまでには、まだ相当な時間がかかりそうだ。 Will Knight7年前

  22. 視覚障害者は、自律自動車を待ち望んでいる
    視覚障害者の権利を主張する人々が、企業や議員と、自分で運転できる自動車の開発について話し合っている。 Elizabeth Woyke7年前

  23. タクシーより自律トラック
    ウーバーが試験走行中
    サンフランシスコのベイエリアでは、24時間、ウーバーの自律トラックが試験走行中。 Tom Simonite8年前

  24. 自律自動車の倫理問題
    米国は規制強める方針
    誰を殺し、誰を生かすかを自律自動車がどう判断するかの連邦規則が作られることになる。 Andrew Rosenblum8年前

  25. 完全自律自動車は実現しない
    米政府当局トップが語る
    完全自律型自動車は当面実現しない。規制当局トップだからこそ語れる、自動運転と安全の話。 Andrew Rosenblum8年前

  26. 自動運転用の3D地図を
    従来型自動車に作らせよう
    人間が運転する自動車のセンサーで集めた地形情報を、自律運転自動車用の3D地図にするテクノロジーが、どの自動車メーカーに採用されるのだろうか。 Tom Simonite8年前

  27. 5年目ティム・クックCEO
    インタビューの行間を読む
    アップルのティム・クックCEOがワシントン・ポスト紙で多くのことを語ったが、語らなかったことにも興味深いものがある。 Jamie Condliffe8年前

  28. グーグルの自動運転責任者は
    なぜ辞めたのか?
    アルファベットの自動運転車の事業化が停滞しているように見える一方、競合他社のプロジェクトが追いついてきている。 Tom Simonite8年前

  29. オックスフォード大学が
    自動運転システムに参入
    オックスフォード大学からスピンアウトした自動運転学習システム「セレニアム」は、走行の記憶で運転技術を磨く。 Jamie Condliffe8年前

  30. 自動運転搭載の新型セレナ
    規制当局も納得の独自機能
    日産が発表した新型セレナの自動運転は多く点でテスラと似ているが、規制当局を納得させる独自機能を搭載し、死傷事故で目下調査中の「自動運転」と一線を画そうとしている。 Jamie Condliffe8年前

  31. トヨタがMITと挑戦する
    人工知能の説明責任
    自動運転システムが事故を起こしても、人工知能は原因を答えてくれない。 Will Knight8年前

  32. テスラの死亡事故で自動運転の規制強化へ
    自動運転による初の死亡事故により、信頼性への不安から、社会全体の関心が高まる Will Knight8年前