KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
気候テック15:あらゆる食品を植物由来原料で再現するノットコ
NotCo
気候変動/エネルギー Insider Online限定
2023 Climate Tech Companies to Watch: NotCo and its plant-based foods

気候テック15:あらゆる食品を植物由来原料で再現するノットコ

MITテクノロジーレビューが選ぶ「気候テック企業15」の1社であるノットコ(NotCo)は、マヨネーズやミルクなどの動物由来食品を模倣したヴィーガン食品を開発し、15カ国で販売している企業だ。 by Muriel Alarcón2023.10.23

ノットコ(NotCo)はチリの植物由来食品メーカーである。植物由来食品は、動物由来の同等品よりも気候に優しいと言われており、同社の牛乳、マヨネーズ、ハンバーガーパテは、ブラジル、メキシコ、アルゼンチンなど他の南米諸国の消費者からも支持を得ている。

ノットコは「ジュゼッペ(Giuseppe)」と呼ばれる機械学習アルゴリズムを使って調合法を開発している。同社によれば、動物由来食品の構造、弾力、風味、食感、香りなど、あらゆる感覚的特徴を植物由来の原料で再現できるという。ジュゼッペはそれらの食品の分子組成に基づき、ハンバーガー、チキン、ミラネサ(ラテンアメリカで人気の牛肉または鶏肉を使ったカツレツ料理)など特定の製品に近づけるための組み合わせを、30万種類の原料リストから選んで提案する。

ノットコは2017年に最初の製品「ノットマヨ(NotMayo)」を発売した。ノットマヨは、キャノーラ油、グレープビネガー、マスタードシードから作られたマヨネーズの代用品である。現在、数十種類の製品ラインを、オンラインおよび15カ国の大手食料品チェーンで販売している。販売先には、米国のホールフーズ(Whole Foods)やチリのハイパーマーケットチェーンであるジャンボ(Jumbo)も含まれる。ノットコの製品は、スターバックスやバーガーキングなど、他のブランドの製品にも使われている。また、ノットコはいくつかのブランドと提携し、チリ国内のダンキン(Dunkin)のフランチャイズ店専用に作られた「ノットマンジクサー(NotManjxr)」(チリの典型的なキャラメルの代用品)など、植物由来の新製品を開発している。

基本データ

潜 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る